Home匠日記2010年2010年11月水曜:日高正一郎(玄太染織工房)次のタグが付けられたアイテムを表示しています: ウッドクラフトコダマ

次のタグが付けられたアイテムを表示しています: ウッドクラフトコダマ

「森のある暮らしのカタチ」国際照葉樹林サミットと児玉哲久さんの仕事

2011年 6月 01日(水曜日) 09:00

去る5月の21日、22日、「国際照葉樹林サミットin綾」が開催され、
中国、ブータン、韓国、そして日本の先生方をお招きして
”綾の宝である「照葉の森」は世界の宝”であると改めて宣言がなされた時となりました。

随分前の事になりますが、”照葉樹林”の実態調査の一員に加えて頂き、
中国の雲南を訪ねた事が昨日の事のように思い起され懐かしい思いと
喜びで”基調講演”に耳を傾ける事ができました。
同時にかつて黒木進さんの話されていたコトバが頭の中をよぎっていくのでした。

「森を守るという事は木を切るなという事ではない。
切った木をどう大事に大切に使うかが私達人間の考える事の役割だと思う。
小さな木片でも粗末に扱うべきではない。
人が大切に使いたいと思うようなモノを作りあげること、そこに工芸する意味がある」

と。・・・そんなコトバどおりの事をカタチにしている人が夢楽人の仲間の一人にいます。
それは、ウッドクラフトコダマの児玉哲久さんです。
彼の事を”森の哲人”と呼ぶ人もいますが、愛称は”哲ちゃん”です。


「大きな森から生まれた小さな耳かき屋さん」というのがキャッチフレーズで
クラフトの城の夢楽人館の一角で彼の製作実演に出会う事ができます。

ユスのスヌケでつくられた”耳かき”は、自分用に一本、大事な人へのプレゼントにぜひおすすめしたい逸品です。
一心に磨きをかけるその姿は眩しくもあり、とてもうれしい光景の一つです。
森のある暮らしのカタチが一つここにあります。