Home匠日記2010年2010年11月金曜:吉村満(ウッド・プロ綾杢)
吉村満

吉村満

ウッド・プロ綾杢

ウェブサイトURL: http://www.ayamoku2008.com/

「ゲゲゲの女房」のちゃぶ台

2010年 11月 18日(木曜日) 21:29

綾町というところはいろんな所から面白い人が集まってくる町だ。

その中の一人、平野さんは電話器のエキスパートである。

綾町に移ってくる前はテレビドラマや映画の小道具としての電話器を、時には世界中を探して提供していたということだった。

時代設定とか、場所の設定とかで、古い電話が必要になったりとか、ヨーロッパでよく使われている形の電話器が必要になったりするというのは当たり前と言えばそうなのだろう。

私は木工家なので、テレビを見ているときについつい木の物に目が行ってしまう。セットに木の物が贅沢に使ってある番組などを見ると本物か偽物か木の種類は何かなど、細かく目が行ってしまう。

「ゲゲゲの女房」はちゃぶ台がその家庭の経済状況を写すバロメーターになっていた。売れない貸本漫画家時代の足がぐらつくおんぼろちゃぶ台。古道具屋から探してきたんだろうか。漫画雑誌に連載されるようになってからの足が太くなってしっかりしたちゃぶ台。「ゲゲゲの鬼太郎」がアニメ化されてからの唐木家具の立派な円卓(東南アジア好きの水木しげるなら本当に買っていそう)。女房の実家の酒屋にも立派な円卓が家族の中心にあった。これらもすべて平野さんの様な家具担当の人が打ち合わせの後で場面や状況に合わせて準備してるんだろうな。

そんなこんなで今年はちゃぶ台だ。

takumi5明日から始まる工芸まつりにちょっと大きめのちゃぶ台でチャレンジ。

「ゲゲゲの女房」を連想する人がいるかなぁ。

 

 

来週は工芸まつり終了後関西方面をうろうろするのでブログはお休みします。

木工家のよくある秘密

2010年 11月 11日(木曜日) 20:59

今日は木工家の秘密を一つ公開します。

 

木工家はいろんな機械を使って木材を加工して綺麗な作品に仕上げていくのですが、ほとんどの人が自分なりの工夫で道具を作って効率的に加工ができるようにしています。

私は、木工の仕事場が好きで工房によく遊びに行くのですが、初めて行った工房で仕事場を見ようとした時「ここから先は立ち入り禁止」と言われたことがありました。何度か行くうちに見せてくれたのですが、機械のモーターを正転逆転させる切り替え装置を作っていてそれを見せたくなかったからということでした。

私の工房にも他ではやってない様な道具や工夫が一つや二つはあると思いますが、今日はその一つを公開します。

takumi3これは木屋工房の浜砂氏に教えてもらいながら作った広い板を綺麗に平らに削る道具です。

材料はホームセンターで手に入るツーバイフォー材、コンパネ、敷居滑りテープ、ベアリング付きの車で材料代は合わせても5,000円程度で揃います。

takumi4コンパネの端をレール代わりにして、ルーターをスライドさせる台車を板の長さに合わせて移動させます。表と裏を削れば表面が平らで厚みが揃った綺麗な板の出来上がりです。 

 

takumi21枚板のベンチを作っているところです。

コンパネの大きさを変えれば、テーブル用の大きな板も簡単に削れます。

木工好きの人にはチャレンジして欲しい1品です。

 

ではまた来週。来週はいよいよ工芸まつり。今夜も残業だ…… 

新しい家族

2010年 11月 04日(木曜日) 21:29

ci-chan2 はじめまして、ウッド・プロ綾杢という名の木工工房を綾で始めて18年。

先月48歳になりました、吉村満です。

今日は我が家に新しい家族が誕生しそうなので

そのことをダラダラと書きまーす。

 

写真に写ってる手前の黒い犬は16年間

綾杢の番犬として頑張ってくれているビンゴです。

奥からこっちを見ている三毛猫は、隣の牛飼い寅蔵さんちの猫です。

何でビンゴと三毛猫が一緒に写っているかを説明します。

 

話は1か月前。隣の牛小屋から寅蔵さんの助けを求める声がして、

行ってみるとそこには子牛に押されて腰骨を折った寅蔵さんが。

連絡を頼まれて家族を呼んだり、

救急車を呼んだり大変でした。

寅蔵さん家には母牛1頭と子牛1頭、猫がいっぱい。

牛の世話は市内に住んでいる息子が毎朝毎晩来ていろいろやっているみたいです。

でも、猫の世話までは手が回らないみたいでその役が

まず、ビンゴに回ってきました。

 ci-chan3今度の写真は、お腹を空かせた三毛猫に

自分の餌を分け与えて優しく見守るビンゴ。

じいちゃんビンゴが寒い冬を乗り切れるように

餌をちょっと多めにしてたのに知らない所で

自分の餌を隣の子猫達に分け与えていたとは…

ビンゴの体が心配なので私が猫の命を守ることにしました。

それから、猫の餌やりも日課になったのですが、

まだ餌やりの時以外は5メートル以内に近づけません。

ちーちゃんって勝手に名前をつけて餌やりの時に呼んでるけど

ニャーニャー言うだけで一向に近づいてくる気配がありません。

寅蔵さんの退院もまだまだ先みたいだし

名前を呼んでくるようになると家族の一員にしてあげるけどなぁー。