Home匠日記2010年2010年11月綾豆本舗 須田商店半年ぶりの落花生屋の家内の日記 1

半年ぶりの落花生屋の家内の日記 1

このアイテムを評価
(2 投票)
「匠日記」がスタートして半年、もう一巡したみたいです。綾城焼の中村さんのマンガ!上手い!とか、手紬の秋山さんの綾工芸始めの物語に、さすが~!とか、普段なかなかお話できない人々を少しずつ知って楽しんでいます。


takumi_016 前回の日記により嬉しい出会いがありました。節分用の落花生を探していたあるお店が綾のHPから日記を見てお電話下さり、私もそのお店のHPで、顔写真やお仕事ぶりを垣間見て、初めてなのに旧知の様な安心感でお取引きに至る事ができたのです。相変わらずパソコンが苦手でメールなどもできず、電話とFAXが必需のスローなビジネスではありますが、工芸コミュニティのHPを間借りできありがたく思ってます。


takumi_012さて11月からの半年には色々な事がありました。寒さ厳しい冬、新燃岳の降灰の被害、少雨の春、海外の民主化運動の暴動化、そして東日本大震災・・・・世界が変わってしまったかも・・・・思うところは色々ありますが・・・・ひとつ忘れてほしくないと思う事は東国原元知事の退任です。賛否両論ありましたがヒガシさんが知事になられてから宮崎への観光客は凄かった!県庁、高千穂峡は信じられない人出でした。おかげで「みやざき物産館」はいつもにぎわっていて、知事のイラストシールを貼らない我が家の落花生でも売り上げは増えて喜んで配達に行っていました。物産館でお買い上げ、その後電話で注文して下さったあるお客様が『宮崎に落花生があるのを知らなかった。美味しい!』と喜びの言葉を下さいました。ヒガシさんは綾の照葉樹林マラソンにも参加して盛り上げて下さいました。たしか参加者がすごく多くて道も大渋滞でスタートまでに受付の終わらない人がいたとか?「ブームはいつか去ります。その時にどうか?高止まりできるように」と言われていました。ブームは去りましたが宮崎県の認知度は上がり、観光客は今でも県庁で写真を撮って行きます。「ヒガシさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。魅力あるものに人は引き寄せられると教えていただきました。これからの私たちの努力を見てください」なんて言っても恥ずかしくない様に頑張ります!

takumi_014

最終更新日: 2011年 5月 31日(火曜日) 09:35
須田理恵

須田理恵

綾豆本舗 須田商店
まめ屋に勤めて20年!おかげさまです。