Home匠日記2010年2010年11月綾豆本舗 須田商店半年ぶりの落花生屋の家内の日記 2

半年ぶりの落花生屋の家内の日記 2

このアイテムを評価
(2 投票)

落花生を育ててみましょう(プランターでもできますよ)

落花生は春に種まきして夏の終わりに収穫できます。平年ならゴールデンウイーク前までに種まきするのが一般的ですが、この春はずっと雨が降らなかったし、気温もやっと上がってきたので、まだ今からでも間に合いそうです。土は肥えてない方がいいです。できれば海苔やあられの乾燥剤にも使われる「石灰」を混ぜておくといいです。

種はから付のまま常温で保存しておいた豆をむいて使います。種はウチにあります。園芸のお店にもあると思います。

実のとがった方からまず根が出ますので、そちらを下向きか横にして、3センチの深さに撒きます。間隔は30センチ程、畑で畝につくるときは二列にします。あまり水をやりすぎても腐るので乾かない程度でしょうか。芽が出るまでに一週間から二週間、葉が増えて、梅雨の頃エンドウなどと似た豆科の特長をもった黄色い花が咲きます。
2

その花がしぼむと落花生特有の不思議な現象が起こります。花の元から花茎と言う新たな茎が伸びて土に刺さり、その先に豆が実ります。一粒の種から20~30粒できるでしょうか。まだ若い実を早や掘りして塩茹でして食べるのはその時季ならの楽しみです。しょうゆ味で豆ご飯も美味しい。

さあ収穫です。殻の中の薄皮がピンク色になった頃、株ごと引き上げてひっくり返して乾燥させます。茎が枯れたら実をちぎり、シートの上でカラカラに乾かしたらOK!来年の種用に取りおいて、あとはいり豆に、水にもどしてゆで豆ににして、美味しく楽しく食べて下さい。
3

我が家の前でプランターで育てていますので見に来て下さい。

最終更新日: 2011年 5月 31日(火曜日) 09:35
須田理恵

須田理恵

綾豆本舗 須田商店
まめ屋に勤めて20年!おかげさまです。