Home匠日記2010年2010年11月綾の手紬染織工房田中です。

田中です。

作者: 田中 2011年 6月 07日(火曜日) 09:00
このアイテムを評価
(1 投票)

どうも皆様お久しぶりでございます。
田中です。

すっかり日記を先週書くのを忘れていまして、申し訳ございませんでした!
そして今週もウッカリ忘れるところでした!ヤバイですね!まだ23歳なのに!

最近は、主に養蚕をしていました。
かわいいんですよ。蚕が。あのムチムチした体つき最高です。
友達に見せても全然伝わらないですけど。なんであんなにかわいいのに?

現在工房では約4万頭の「蚕技研11号」という品種の蚕が繭になっている状態です。
他には、天蚕という蚕を育てはじめました。なんだか「蚕」といってもいろんな種類がいるし、
特に天蚕は毛虫みたいですごくエキゾチックです。


プライベートでは、いつもはエレクトロニカを聴いてますが、最近エモい曲ばっかり聴いています。
最近のエモいお気に入りは、LostprophetsのGoodbye Tonightという曲が好きです。
あとはFear, And Loathing In Las Vegasとかピコリーモらへんを聴いています。

音楽に影響されて、髪をバッサリと切ろうかなぁと思ってます。
岡田さんに「モヒカンでもチョンマゲでも赤でも青でもなんでもいいよ」と了承を得たので、
どんなひどい髪型にしようか検討中です。マジでモヒカンらへん行きたいですね。先生ビックリするだろうか・・・・(汗
そしてドン引きして誰も近寄ってこなければいいんだ!←なんだその考えは!


厨二病的に最近悩んでいたことがありまして、
自分の中の心が変化できるのに、誰かが悲しむがために変化を受け入れないことは妥協だと思いました。
思っていることを言わないことや、変化を受け入れない保身的な考えではダメだと思ったのです。大雑把な話ですが。
細胞だって毎日変わってますもんね!意識だって、無意識の瞬きの瞬間が長くなったときが
死ぬときなら、毎日生まれ変わって新しい自分だということですよね。
諸行無常です。常に変化を受け入れて、あるところで犠牲になる人にも認められるように生きていこうと思いました。
危険なほうに自分をかけろと岡本太郎もいってましたもんね!

あと、この時期、部屋の湿気が毎日70%で、カビが普通に生えるので、どうにかしたいです。


ということで今度はちゃんと時間をとって日記かきます!明日から大阪行ってきます☆

最終更新日: 2013年 12月 26日(木曜日) 13:40
田中

田中

綾の手紬染織工房
平成22年4月より研修生としてモノ作りをしています。
フレッシュな記事を書いていきます。

ウェブサイト: www.ayasilk.com/