Home匠日記2010年2010年11月ウッドプロ綾杢新しい家族

新しい家族

作者: 吉村満 2010年 11月 04日(木曜日) 21:29
このアイテムを評価
(2 投票)

ci-chan2 はじめまして、ウッド・プロ綾杢という名の木工工房を綾で始めて18年。

先月48歳になりました、吉村満です。

今日は我が家に新しい家族が誕生しそうなので

そのことをダラダラと書きまーす。

 

写真に写ってる手前の黒い犬は16年間

綾杢の番犬として頑張ってくれているビンゴです。

奥からこっちを見ている三毛猫は、隣の牛飼い寅蔵さんちの猫です。

何でビンゴと三毛猫が一緒に写っているかを説明します。

 

話は1か月前。隣の牛小屋から寅蔵さんの助けを求める声がして、

行ってみるとそこには子牛に押されて腰骨を折った寅蔵さんが。

連絡を頼まれて家族を呼んだり、

救急車を呼んだり大変でした。

寅蔵さん家には母牛1頭と子牛1頭、猫がいっぱい。

牛の世話は市内に住んでいる息子が毎朝毎晩来ていろいろやっているみたいです。

でも、猫の世話までは手が回らないみたいでその役が

まず、ビンゴに回ってきました。

 ci-chan3今度の写真は、お腹を空かせた三毛猫に

自分の餌を分け与えて優しく見守るビンゴ。

じいちゃんビンゴが寒い冬を乗り切れるように

餌をちょっと多めにしてたのに知らない所で

自分の餌を隣の子猫達に分け与えていたとは…

ビンゴの体が心配なので私が猫の命を守ることにしました。

それから、猫の餌やりも日課になったのですが、

まだ餌やりの時以外は5メートル以内に近づけません。

ちーちゃんって勝手に名前をつけて餌やりの時に呼んでるけど

ニャーニャー言うだけで一向に近づいてくる気配がありません。

寅蔵さんの退院もまだまだ先みたいだし

名前を呼んでくるようになると家族の一員にしてあげるけどなぁー。

最終更新日: 2011年 5月 30日(月曜日) 17:47
このカテゴリの他アイテム: 木工家のよくある秘密 »
吉村満

吉村満

ウッド・プロ綾杢

ウェブサイト: www.ayamoku2008.com/