Home匠日記2010年2010年12月月曜:梅戸祥代(工房夢とけい)
梅戸祥代

梅戸祥代

工房夢とけい

ウェブサイトURL:

癒し系「看板ワンコ」

2010年 12月 26日(日曜日) 22:59

こんにちは。
忙しさにかまけて、餅つきの終わった日曜の夜にあわてて匠日記を書いています。
そこで、今回は我が家の癒し系「看板犬」のことなど・・・


名前はハグ。 ミニチュア・シュナウザーの♂  1歳7ケ月

シュナウザーの原産はドイツで、おじいさんみたいな眉毛が特徴的なワンコです。






寒いドイツ生まれのはずなのに、とっても寒がりでこたつが大好きなのです。                                 




友達のウチに生まれたハグは、4兄弟の中で一番やんちゃで好奇心がいっぱいの仔でした。
まるで黒っこい毛糸玉みたいにころころしていて、いたずら好きな目をしたワンコでした。
以前飼っていたワンコがこの世を去ってから、すでに13年経っていて子犬見るたびに心が揺れ動いていたから
「ワンコ、見に来ない?」のお誘いは、この時点でほぼ飼うことは決まっていた気がします。
そのうえ、ワンコたちの誕生日と工房のオープン日が同じだったってことで決定的なものになりました。

うちに来てすぐにやっかいな病気を発症してからは、入院に注射に点滴治療に絶対安静にと・・・ 
それから7ヶ月の病院通いと投薬治療、そのたんびに血液検査に尿検査。  ほんとに頑張って耐えてくれました。
再発した時のショックはかなりキツイものがあったけど、絶対治るって信じて治療重ねたきたお陰で何とかこの病気を抑え込める
免疫力ができて、抗体を作ることができたようです。

私はと言えば、ドクターに安静に!!とかなり難しい言いつけを言い渡され、それを実行することの難しさに日々奮闘し、仕事そっちのけで真摯にハグに向き合い、再々発はさせまいぞ!と6.2㎏あるハグの重さで痛めた肩に湿布の匂いのする毎日でした。
肩の痛みもさることながら、診察料に薬代の高いこともかなりの痛みでした。良心的な病院でしたが、やはりペットの医療費は保険がきかないので、この7ヶ月はこれだけで¥飛んで行ってしまいました。

他のワンコとのコミニケーションが今ひとつ苦手なのは、病気のため外に出ることが遅れたことが、きっと大きな要因のひとつなのでしょう。
だけど、少しずつ他のワンコとも挨拶ができる様になってきたし、何よりハグが犬らしく、ホント当たり前のことなのだけど部屋の中を
自由に歩き回れるようになったことが嬉しいと思えるのです。 安静!!という呪縛から解放されたハグと私です。


今は「工房 夢とけい」の看板犬として、お客様を癒したり、時にはうるさく吠えまくって来訪を告げてくれたりお手伝いしてくれるまでになりました。


















ハッピークリスマス☆

2010年 12月 20日(月曜日) 09:50


早いものでもうすぐクリスマス☆  この季節になると我が「工房 夢とけい」では、陶でできたちっちゃくてかわいい雪だるマンの登場です。
ひとつひとつ手作りのため、帽子や表情がそれぞれ違ってます。今年はマフラーをキラキラモールしてみました。
窓辺に並べて記念写真! 雪のない陽だまりの中の雪だるマンも、またいいものです。
お客様が気に入った雪だるマン達を並べて品定めされてるのを見るのは、作り手としてうれしい瞬間です。
そうして選ばれた雪だるマンが、お客さまによってどう飾られるのか考えると楽しくなります。
工芸祭りなどに連れられて来るお子さん達にも、手作りのモノを楽しんでもらいたくてあれこれ小さなものを作っていますが、小さな手に大切に握りしめられたコインを差し出された時には、ホントにあたたかなキモチになります。
手作りだから感じられるキモチなんでしょうね。
大きな売り上げにはつながらなくても、そんな心の触れ合いが励みになったり元気もらったり・・・モノ作りの根っこにある、私にとって大切なこと。  よーし、頑張ろうって肩を押されるキモチになります。
モノ作りを始めるまで、自分の作ったモノが誰かの手によって使われたり、暮らしの中に溶け込んで存在していくことがこんなにも嬉しいことだとは思いませんでした。
これはモノ作りに従事しているすべての人に共通して言えることなんでしょうね。



この季節に外せないないモノがもうひとつ。ランプです。
クリスマスツリーのランプは、ガラスビーズをはめ込んでみました。
昔から雑貨やインテリア系のモノが大好きで、どこかに旅行するたびに買ってきては、置き場所を決めるまで何度も位置を変えては
離れて眺める楽しみは何とも言えないものなのです。



古塔のランプです。 サンタさんが入ってきそうな煙突がついています。 
小さな窓から漏れる灯りからは、かわいい声が聞こえてきそうです。なんともいえない暖かな灯りです。
このタイプのランプでは、かわいい光景を時々見ることができます。 
小さなお子さんがランプを目の前にして、じぃーと中を覗いているのです。その後ろ姿はとってもかわいくて、
きっと子供ならではの自由な世界で物語が始まっているのかなって。  しばし私もそこにお付き合いしたくなります。


月と星の灯台ランプ
寒い冬の星空の下、あなたにあたたかな灯りをともし続けます。 なんてこと思いながら、やっぱりランプ作りは
楽しいです。
もうすぐクリスマス! 子供時代、毎年両親がクリスマスを欠かさずしてくれたことが思い出されます。
ある年、山から本物のモミの木を切って帰ってきた父を見たときには、まるで絵本のような光景に感激しました。
それはとても大きなモミの木でした。
自分の背丈より高いモミの木をバケツに活けて、雪と称して綿をいっぱい飾りつけたことなどが、この匠日記を書きながら
心の奥の引き出しから出てきました。

何かと暗いニュースが多い今の時代。 せめて小さな楽しみでしあわせなキモチになりたいですね。
ハッピーハッピークリスマス☆☆            



                                                                     


















心ほっこり身はぽっかり

2010年 12月 12日(日曜日) 08:00

弟が作ってくれた薪棚  これいっぱいでひと冬分南国宮崎も先週辺りから、本格的な冬に突入って感じです。
こんな寒さに入ると朝起きて一番にすることは、工房の薪ストーブに火を入れることから始まります。
今年も林業を営む知り合いの方からカシの木を分けて頂き、今年の冬を越す薪の準備もできました。
今年の薪は、結構細いのが多くて割る手間は少しでした。 と言っても、私に薪割りができるはずもなく、ここは頼りになる弟くんにお願いするのですが。      フットワークの軽い弟くんは「はいはい」とふたつ返事で帰って来てくれ、あれよあれよという間に棚にきれいに収まってました。   さすが男!です。  こんな時ばっか、と弟くんは言うけれど、草食男子たる男が多くなったと言われる昨今、やっぱり力仕事ではどうしたって男には敵いません。

こうして並べられた薪を見てうれしくなります。
薪がたくさんあると、なぜかぜいたくなキモチになります。
                                                                                                               弟くんが端材で作ってくれた薪棚  なかなかりっぱです。


毎朝この薪ストーブで綾の名水を沸かし、飲むコーヒーはまた格別なおいしさです。私の小さな至福の時・・・
この仕事を始めて、本当に小さなことに幸せを感じたり、目の前にあるささいなことに感激したりすることが多くなったことは
大きな収穫かな。   まあ、単に歳を取ったにすぎないのかもしれないけど。


p1010074ストーブの炎・・・  なぜだか見入ってしまいます。  じぃーと。  ぼぉーと。 炎が赤々とゆらぐのを見てると、訳もなく落ち着きます。
そのうち何にも考えられなくなって、心がほっこりしてきます。  そして体もぽっかぽか。  こうなると、キモチを仕事モードに切り替えるのに、結構気合いが要ります。
まだ体験したことのない薪窯の炎も、こんな感じなのかな。 薪を次々に投入するシーンを映画やTVでは見たことがあるけど、きっとこんなほっこりしたキブンではいられないことは確かでしょう。


寒いのが苦手な私も、薪ストーブのある冬の生活は気に入っています。  
冬は冬眠したクマのように、工房にひっそりとこもって、つれづれなるままに粘土遊びにいそしむこととしますか・・・。








ムダも大事

2010年 12月 06日(月曜日) 00:00

はじめまして・・・  12月の月曜日を担当します「工房 夢とけい」の梅戸といいます。
2005年5月に、生まれ故郷である綾に窯を開きました。
当初、庭先の小さな看板「工房 夢とけい」を見て、時計屋さん?と思われて入って来られるお客様がいらっしゃいました(笑)
陶芸の専門的な経験も、格別知識もなく無謀にもただ好き!というだけでこの道に入ったので、なにがなにやらのパプニング続きのの毎日でした。 
窯焚きはおろか、釉薬のかけ方も知らずに始めたわけですからホントに今、あの頃を振り返ってみると、目の前しか見えない怖いもの知らずだったつくづく思います。


陶芸教室での2年半は与えられた課題の物を作ることしかなかったので、まず粘土や釉薬の種類の多さに仰天!し、業者さんのすすめられる物を試作しては、思い通りにいかない(その前に腕がなかった)毎日でした。
焦る気持ちでいっぱいいっぱいで、作業工程も無駄な手ばかりかけていたように思います。そんな時にある人に、「一見、ムダと思えることが、案外大事だったりするんだよね」と言われたことが、心の隅にコツン!と響きました。
経験のないことはどうしたってカバーしようがないんだ。いっぱいムダな回り道して失敗して、怖がらずに壁にぶち当たろうって
思えるようになりました。
できなかったことが少しずつできる様になってきたときに、その言葉が何度となく思い返され、それからは無駄なことを楽しめる余裕ができてきました。


振り子時計が、今日も優しく時を刻みます。 
私も静かに自分を見つめて、自分のペースで進みましょう。