Home匠日記2010年2010年12月水曜:中村博(綾城焼)次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 中村博

次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 中村博

たくみ君とアケミさん

2010年 12月 31日(金曜日) 10:37
①歳を経る度に時の経過に加速が付く。限られた時間。孤独な戦い。情熱の揺らぎ・・・。「今年も終りか・・・」②「否!弱気になってはいかん!」「こころざしの低い者が世の中を駄目にしておる!夢追う者よ、我に続け!!」③「先生、チャック全開っすよ」「あと削り溜ってます」④「うん」「今、やろうと思っ・・・」「コーヒーどうぞォ」

ぴーちゃんのハナシ

2010年 12月 29日(水曜日) 09:00
ayajo5オカメインコのぴーちゃん(♂)が教室のハシグチ君に連れられて工房にやって来たのはゴールデンウィーク頃だったろうか。
「いらっしゃいませ」とか。
「こんにちわ」「ありがとうございます」
「ぴーちゃんです」「また来てね♡」とか。
可愛い声で流暢にお喋りするぴーちゃんを工房のマスコット的存在にするが為、私とぴーちゃんの熾烈な特訓が始まった。
朝、ゲージに掛けてある布を外してやる。
そして、「オハヨー」「オハヨー」と話し掛ける。
その日課は暫く続いた。
しかし、ぴーちゃんは「ピョロピョロ」と首を傾げて鳴くばかり。
そればかりか、エサの粟の穂を替えてやろうかと私がゲージの前に立つと羽を広げて「シャーシャー」と威嚇する様になった。
確かに一向に喋ろうとしないぴーちゃんに「契約違反だ!」「このゴクツブシ!」「うるさいよ!!」とぴーちゃんを傷付ける暴力的な言葉を浴びせたのは私である。
しかし、県北のペットショップで放置状態だったぴーちゃんを大枚叩いて買い、養っているのはこの私なんである(涙)
2月末、ハーレーに乗って「雇ってちょんまげ」とブラリやって来たのを拾ってやったのにアケミさんは今日も機嫌が悪い。
皆、恩知らずだ(泣)
師走二十九日 中村博

辰砂(しんしゃ)貧乏、のハナシ

2010年 12月 22日(水曜日) 00:00
ayajo4私が好んで使う釉薬は、「辰砂」という極めて安定性を欠く薬である。
薬の比重、「責め」「寝らし」を含む窯の温度、配置等のバランスがバッチリの時、遊女の紅の様な何とも艶やかな赤を発色する、が、バランスが上手くいかなかった時、赤が控え目になり、紫や青、緑、白の星が飛散する。
これはこれで私は好ましく思っているが、ヒドイ時は赤黒く淀み、薬が垂れて焼き物が板にヘバリ付き、散々である。
「辰砂貧乏」の言葉の由縁である。
思うようにならない女の様で私を悩ませるが窯を開けた時、微笑む紅を見たくて私は辰砂の器を造り続けている。
師走二十二日 中村 博