原発問題 その4

作者: 小川渉 2011年 6月 29日(水曜日) 09:00
このアイテムを評価
(1 投票)
最終回は「フクシマ」直後の投書です。
直前が3月1日掲載(その3)で、3.11を経て3月30日掲載。
歴史の転換点となる特別な1ケ月でした。

Image0002

3月10日夜、あの日の前夜、私は串間にいました。
串間原発住民投票を控え、反対グループの勉強会に出前講師として出向いていました。
放射能の怖さ、原発立地しても財政破綻した実例(福島県双葉町=今回の事故発生地)、全原発を止めても電力供給に支障ないことなどなど、説得力を持つと思われる文献を私なりに集めた資料をベースにお話しました。

その場に、串間市在住で元GE(米・ゼネラルエレクトリック社)の技術者=菊地洋一さんがおられました。
素人の私としては、これ以上ない専門家の助言は大変有難いものでした。

菊地さんは、福島第一原発6号機(冷温停止中)建設の現場調整に当ったことで、危険極まりない裏事情を知り、原発を告発する側に回った稀有な人物です。勉強会の中で、地震の話に及び、菊地さんはマグニチュード9の可能性もあり原発はとても耐えられないと言われました。その翌日、M9は現実となりました。このことは、記録しておくべきエピソードです。

更に、菊地さんならではの話として、事故が起こらなくとも定期検査などで被曝労働が避けられないという非人間的なシステムについても、現場体験に基いて語ってもらいました。

「フクシマ」直後は、ついに起ってしまったという脱力感から、とても投書する気が起きませんでしたが、私たちがこの地で何をすべきかの考えに整理が付いた段階で発したのが上記投書です。

串間は当面、原発そのものの誘致は考えにくいですが、「地域振興=交付金」が目当てなので、高レベル放射性廃棄物処分場や使用済み核燃料中間貯蔵施設などの原発の後工程関連の誘致は視野に入れておく必要があります。いずれも危険極まりない代物であることが、福島第一4号機(使用済み燃料プール冷却機能喪失)でその一端を知ることになりました。これらを含め、「非核」を訴えました。

「フクシマ」の現実から、脱原発へ舵を切れるか否か。この国の将来を左右する大きな分岐点に私たちは立っています。

小川 渉(パン工房 綾)
最終更新日: 2011年 6月 28日(火曜日) 19:26
このカテゴリの他アイテム: « 原発問題 その3
小川渉

小川渉

パン工房 綾