Home匠日記2010年2010年12月木曜:小川渉(パン工房綾)パン工房綾シリーズ「照葉樹林この1年」 その2「国際照葉樹林サミット計画」

シリーズ「照葉樹林この1年」 その2「国際照葉樹林サミット計画」

作者: 小川渉 2010年 12月 16日(木曜日) 09:52
このアイテムを評価
(0 投票)
それは囲炉裏ばたでの雑談の中からでした。
国際照葉樹林サミットの案が浮上した発端のことです。
2009年4月、町営宿泊施設・綾川荘の玄丹屋敷で行われた屋久島の自然保護団体との交流会の席。
その一角で、日本を代表する森林研究者が二人、火を囲んでいました。
大澤雅彦氏(東京大学大学院教授=当時)と湯本貴和氏(総合地球環境学研究所教授)です。
私は、この時とばかり以前より暖めていた”サミット”の話を切り出しました。
まずは大澤先生に、全国で照葉樹林が多く残っていて大切にしている自治体や団体が一堂に会する催しを綾で出来たら素晴らしいのだが、と振りました。
先生は賛同してくれました。
湯本先生からは「どうせなら、海外の照葉樹林帯の国々からも招待して”国際”にしたら」との提案をいただきました。
実現への具体化には、てるはの森の会事務局の石田達也氏、相馬美佐子氏の貢献大なるものがありました。
両先生も、ブータンや中国雲南省からのゲスト来日へ尽力いただきました。
実行委員会も重ね、計画が煮詰まり、マスメディアも取り上げてくれ、いよいよ開催日の2010年5月22日を迎えようとしていた矢先のこと。口蹄疫非常事態宣言が東国原知事から発せられたことで、「延期」とせざるを得なくなりました。
照葉樹林の価値を広く内外に発信する絶好の機会は一まずお預け。
準備に努力してきたスタッフの落胆は大きかったですが、前田穣町長のご厚意もあり、次へ希望をつなげられたことが救いでした。
仕切り直しの国際照葉樹林サミットは、2011年5月21日(土)に綾町文化ホールで開催されます。
ご期待ください。
パン工房綾 小川 渉

幻の国際照葉樹林サミット パンフレット
幻の国際照葉樹林サミットパンフレット
最終更新日: 2011年 5月 31日(火曜日) 09:58
小川渉

小川渉

パン工房 綾