Home匠日記2010年2010年12月木曜:小川渉(パン工房綾)パン工房綾シリーズ「照葉樹林この1年」 その3「綾の照葉樹林が全国一に選出」

シリーズ「照葉樹林この1年」 その3「綾の照葉樹林が全国一に選出」

作者: 小川渉 2010年 12月 23日(木曜日) 09:00
このアイテムを評価
(2 投票)
2010年7月24日付『朝日新聞』に、全国の森のランキング特集記事が載りました。堂々の第1位は綾の照葉樹林。地元の人間として、関心を寄せる者として、実に嬉しいことでした。しかも、世界自然遺産の屋久島(2位)、白神山地(3位)、知床(6位)を従えているので尚更です。

選考委員の一人・池内紀氏(エッセイスト・ドイツ文学者)のコメントは綾町民への最大級の賛辞でした。
「地元でこれを残すのに尽力した人たちがいることを忘れてはならない。」
郷田實さんを始めとする先人の顔が浮かんできます。

今まで、綾の照葉樹林は全国屈指の森であることはそれなりに(広くと言いたいところですが)知られていましたが、ナンバーワンとなったのは、私の知る限り初めてです。
オンリーワンとの自負は常々持っていましたが。

私たちはとてつもない宝物を持っていることを改めて自覚することとなった一件であり、これを生かさない手はないと強く思うところです。
特に宮崎県は、口蹄疫のダメージから中々復興出来ない状況下、県の宝としての自然・そのシンボルたる綾の照葉樹林を全国にアピールしたらいいと考えています。
東国原知事は地鶏やマンゴーなど特産品のセールスは得意だったのですが、残念ながら自然には関心が薄かったようです。
次の知事にはこの点期待したいところです。
(パン工房綾・小川渉)
P5110553
綾の照葉樹林、筆者のベストショット
最終更新日: 2011年 5月 31日(火曜日) 09:58
小川渉

小川渉

パン工房 綾