Home匠日記2010年2010年12月木曜:小川渉(パン工房綾)次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 綾

次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 綾

仕上げ

2011年 6月 24日(金曜日) 06:44

焼入れを終わり、研ぎに移行します。

研ぎは、荒い研石から徐々に細かい砥石に変え研いでいきます。

研ぎ終わると、日本刀独特の刃紋や地紋が現れてきます。

なんとか完成しました。

今は、ほっとしています。

素延べ、火造り

2011年 6月 17日(金曜日) 09:00

沸かし延べが終わったので、次は素延べに入いります。

先ずは、刀の形をした立方体に形造ります。(素延べ)

この時に、身幅や重ねなどを正確に出しておきます。

刃を打ち出す時(火造り)に寸法を調整するとなかなか上手くいかないので、時間をかけて素延べを行います。

ひとまず短刀一振り分、刃を打ち出しました。(火造り)

大きなキズも無くホッとしています。

この後は、焼鈍(しょうどん)をして、焼入れです。

 

鍛錬

2011年 6月 10日(金曜日) 09:00

次は、銑下げした地鉄を四角にまとめテコ棒に鍛着させ、折り返し鍛錬をしていきます。

今回は、四方柾という方法で9回折り返しました。

この方法で鍛えるとキズが出にくくなります。

今回は短刀製作なので、そのまま沸かし延べをしました。

もう一振り

2010年 12月 30日(木曜日) 11:22

もう一振り、刀を造ろうと思います。



まず、玉鋼を四角にまとめて、そのままテコ棒の先に付け、皿にします。
そして、その皿の上に鋼を積んで折り返し鍛錬に入ります。

折り返し鍛錬は、日本刀独自の技法です。
鋼を約1300℃に赤めて鍛接(叩いて接着)します。
そして、ある程度、鋼が延びたら二つに折り曲げ、また鍛接をするという技法です。

今回は、9回折り返して止めました。
傷が無ければ良いのですが・・・

ちなみにこの前、焼入れした刀は、刃紋があまり良くなかったので、もう一度、焼き直そうと思います。

 

 

シリーズ「照葉樹林この1年」 その3「綾の照葉樹林が全国一に選出」

2010年 12月 23日(木曜日) 09:00
2010年7月24日付『朝日新聞』に、全国の森のランキング特集記事が載りました。堂々の第1位は綾の照葉樹林。地元の人間として、関心を寄せる者として、実に嬉しいことでした。しかも、世界自然遺産の屋久島(2位)、白神山地(3位)、知床(6位)を従えているので尚更です。

選考委員の一人・池内紀氏(エッセイスト・ドイツ文学者)のコメントは綾町民への最大級の賛辞でした。
「地元でこれを残すのに尽力した人たちがいることを忘れてはならない。」
郷田實さんを始めとする先人の顔が浮かんできます。

今まで、綾の照葉樹林は全国屈指の森であることはそれなりに(広くと言いたいところですが)知られていましたが、ナンバーワンとなったのは、私の知る限り初めてです。
オンリーワンとの自負は常々持っていましたが。

私たちはとてつもない宝物を持っていることを改めて自覚することとなった一件であり、これを生かさない手はないと強く思うところです。
特に宮崎県は、口蹄疫のダメージから中々復興出来ない状況下、県の宝としての自然・そのシンボルたる綾の照葉樹林を全国にアピールしたらいいと考えています。
東国原知事は地鶏やマンゴーなど特産品のセールスは得意だったのですが、残念ながら自然には関心が薄かったようです。
次の知事にはこの点期待したいところです。
(パン工房綾・小川渉)
P5110553
綾の照葉樹林、筆者のベストショット

炭切り

2010年 12月 24日(金曜日) 07:31

炭が、無くなってきたので炭を切ろうと思います。


刀に使う炭は主に、松炭を使います。
松炭は、着火が速く、火力があるので地鉄がすぐ赤まります。 

今、切っているのは鍛錬(鉄を精錬する仕事)用です。
大きさは、約3cm角に切っています。
単調な仕事なので、切っている最中は、仕事のアイデアや次の仕事のプランなどを考えながら切っているいます。 

なかなかプランどうりにはいかないのですが・・・・・ 

もう一度

2010年 12月 17日(金曜日) 11:09

焼き直しをします。

まず、焼鈍をします。
700℃ほどに、刀身を赤め藁灰に入れ、それから焼刃土を塗ります。
どんな場合でも、焼入れの前には、焼鈍をした方が良いみたいです。

焼刃土を乾かします。
あまり、早く乾かしてしまうと割れてしまうので、ゆっくり乾かします。
乾いたら、いよいよ焼入れです。


 
焼入れが終わりました。
前のと比べて、しっかり焼けたみたいです。
 


前よりは、良いみたいです。
時間をみて、部分的に刃紋 などを詳しく視ていこうと思います。

 

焼入れの結果は・・・

2010年 12月 10日(金曜日) 21:38

焼入れをします。 

 
自分のイメージどうりの刃紋を焼く為に、焼刃土を塗ります。
刃の方には薄く、地の方には厚く塗ります。

いよいよ焼入れです・・・緊張します。
焼入れは、温度が命です。
焼きに入るのに必要な温度まで達しているかを赤らんだ刀身の色合いで判断します。
その温度は約760℃で、その温度に達したら水槽の中に入れ急冷します。
正確な色合いを判断する為に、日が沈んでから焼入れをします。

焼入れが終わりました。
今から、荒砥で研いで刃紋を見ていこうと思います。

結果は・・・・・


失敗です・・・・・・・・

温度が低かった為、自分のイメージどうりの刃紋に成らなかったです。
残念・・・焼き戻して焼き直します。
幸い焼き割れは、無かったみたいなので・・・
火床に、刀を入れて戻します・・・・・・・

ん、
おおぉぉぉぉ!!

羽口が壊れてるぅぅぅぅ!!

なんて間が悪い・・・・踏んだり蹴ったり・・・・最悪・・・

・・・・愚痴を言っても始まらないので、突貫で直します。

修理が終わりました。
後は、乾くのを待って焼成します。

次こそは、焼入れの成功を報告ができるよう頑張ります。

 

初めまして

2010年 12月 03日(金曜日) 08:00

初めまして、金曜日を担当する相良と申します。
仕事は、刀剣関係の仕事をしています。
その中でも鍛冶仕事を中心に「匠日記」を書いていこうと思います。
では、早速・・・

焼鈍(しょうどん)を終えた刀です。
焼鈍とは、焼入れ(刃紋を入れる仕事)の前にする仕事です。
刀身を約700度に均一に赤め、藁灰の中に入れ時間をかけて冷ます事です。
そうすると、鉄に粘りが出て刃物としての性能が上がります。

焼鈍 を終えた刀は、多少曲がっているので、真っ直ぐにして砥石で研ぎました。

一番荒い砥石で研いでいます。
焼入れの時、刃紋を入れる為に使う焼刃土が剥がれにくくする為です。
この次は焼入れです。
焼入れの仕事が、鍛冶仕事で最も緊張します。
次回の「匠日記」で成功のご報告ができれば良いのですが・・・・

 

 

 

豆屋の日記

2010年 10月 29日(金曜日) 14:35

手づくりの里綾の「匠日記」読んで下さる方。
ありがとうございます。
今日は豆屋の家内が書いています。

「なぜ食品?」と疑問でしょう?
工芸コミュニティは秋のイベント「工芸まつり」を催す団体として始まったようで
「まつりに賑わいを・・・」と工芸家の方からお誘いを受け、
第一回の工芸まつりからうちも参加して来ました。
もう29回目を迎えます。
ささやかな協力ですがチラシを配ったり、実行委員もしましたし、
「手づくりを大切に」「喜ばれるモノを」という皆さんと同じ気持ちで続けています。

人気の品を紹介しましょう。
宮崎県内の生産者の皆さんが作って下さった落花生をうちで加工して
「から付」「むきみ」豆菓子」と味わいも色々となりますが、
一番の看板商品は、小粒の品種の落花生をから付きのまま煎り上げた「から付(小粒)」です。
落花生 から付小粒

「オスズ」と呼ばれるこの品種は昭和30年代に宮崎県内で品種改良され誕生しました。
味がいいですね。
うちでは天日乾燥や落花生用の有機肥料で栽培をお願いしており、
低温で貯蔵し、その都度釜煎りしています。
煎りたての新鮮な豆の風味は格別ですよ。

また渋皮と呼ばれるうす皮に渋味が少なくそのまま食べても不思議と美味しいのです。
うす皮に含まれる色素(レスベラトロール)には強力な抗酸化作用があるそうです。
豆は種子ですから酸化から自分を懸命に守っていて、
それをヒトが頂戴しても効果があるのかも知れません。
落花生には植物性の脂肪、たんぱく質のほか、ビタミンBやE、
微量の鉄や亜鉛、マグネシウム、カリウムなどの栄養があり、食物繊維もとれます。
さらに糖分や塩分で味付けなくても美味しく食べられ、常温で保存もできる。

ご存知でしたか?

1 / 2 ページ