Home匠日記2011年2011年01月月曜:熊須豊和(熊須碁盤店)
熊須豊和

熊須豊和

熊須碁盤店

ウェブサイトURL: http://www.kumasugobanten.jp/

もうすぐ雛山祭り

2012年 1月 25日(水曜日) 09:00

熊本のJAの植木まつりに行ってきました。
ここの植木市は、色々あるんです。

pic02
多くのひとで賑わっていました。

pic03
造園屋さんの青年部が、10個ぐらい庭を作っていました。
参考になります。

pic04
去年使った盆栽です。
碁盤屋さんになぜこんなものが必要かというと。。。。

pic05
こういう風に使います。
これは。。。。。。。。。

pic06
去年の当店の雛山です。
横幅約10メートル奥行き4メートル綾町最大の大きさです。
今年は、2月の25日から3月の4日までです。
多くのお客様のご来場を心よりお待ちしております。

原木の製材の様子

2012年 1月 18日(水曜日) 09:00
今日は、原木の製材の様子をお知らせしたいと思います。




熊本の銘木市で購入した榧の木の製材です。

原木は、約1尺7寸で切られていきます。


pic03

墨を合わせます。

これがずれると大変です。

pic04

将棋盤の墨がわかりますか?

チェンソーも約25㌔位あるのである程度の腕力が必要です。

pic05

なぜ上から見ているかというと、

木材が、まっすぐしていないため、バランス良く切っていかないといけないからです。

ただ、切るだけだと、大きさが不揃いのものがそろい、盤が取れなくなってしまいます。


pic06

重いので、盤が取れないものは、4割にします。

卓上盤材、箸材、まな板材、色々なものに加工されます。


pic07

切ります。

pic08

切ったら節が出てきました。

芯に近いほど節が出やすいです。

pic09

ようやく、盤が取れました。

この状態から、5年間自然乾燥させます。

スタッフ紹介と今日のお仕事

2012年 1月 11日(水曜日) 09:00
今回が匠日記2回目となりました。

今日は、熊須碁盤店のスタッフ紹介と今日していた仕事をおしらせしたいと思います。


当店は、熊須一家で、やっています。

pic02
父は、一日碁盤の脚作りをしていました。

pic03
現在では、碁盤、将棋盤の脚が機械脚(機械で作った脚)が、主流になっている中、
当店では、手作り脚を使っています。現在では、日本でも5人いるのでしょうか?

pic04
僕は、一日卓上盤を削っていました。

pic05
カンナくずです。

pic06
弟の健司は、卓上盤用の駒台を作っていました。

pic07
駒台とは、将棋用で、とった駒を置く台になります。
当店では、卓上盤に無料でつきます。


pic08
弟の直樹は、卓上盤に蝋(ろう)を塗っていました。
木材は、むき出しですと割れたりするので、蝋でこコーティングします。


pic09
この蝋が、天面につくと、漆の線がはがれてしまうので、
絶対に天面には、つかないようにします。
つけるなよ。。。。

去年の熊須碁盤店の出来事

2012年 1月 04日(水曜日) 09:00
今度1月毎週水曜日をを担当させて頂く熊須碁盤店の長男坊 熊須豊和です。
宜しくお願い致します。

今年1回目ということで、
去年の熊須碁盤店の出来事を紹介したいと思います。


1月に新燃岳が噴火しました。大きな噴煙が印象的でした。

pic2
綾町にも大量の灰が降り積りました。
もう慣れてないせいか大変でした。

pic3
去年の綾雛山祭りの当店の作品です。
今年も2月25日から3月4日まで開催されます。
今年は、どんなものが出来上がるのか楽しみにしておいてください。

pic4
宮崎シーガイアで宮崎では、初めて5月に名人戦が行われました。
多くの将棋愛好家で賑わっていました。

pic5

pic6

pic7
昨年の11月に銀杏の木が届きました。
直径が180センチ長さが11メートル熊本の神社の木で
あまりにも大きくなりすぎて瓦などを壊す為、切り倒して市場に出されました。
製材は、本当に大変でした。こちらに持ってくるのがまた大変で、2メートルずつに切られ
8トン車でも、運びきれず2回に分けて持ってきました。
こんなに大きい木を製材したのは、初めてです。
主にまな板になります。

pic8
うちの前に新しい家が出来ました。
綾で、歯医者をしている田口先生のご自宅です。

pic9
12月11日に熊須碁盤店の次男坊 健司が結婚しました。
弟の晴れ姿です。

これから1ヵ月間いろんな情報をお知らせ致します。
よろしくおねがいいたします。

熊本銘木市

2011年 5月 30日(月曜日) 09:00

今日は、先日熊本で行われた、銘木市での様子をお知らせします。
市場では、いろんな木が、でています。主に、熊本、宮崎、大分で採れた木が主になります。

pic2
木の根っこです。
市場では、色々な物が、売られています。
こういうものも、山から運ばれて市場で売られています。
運んでくるだけでも、だいぶお金が、かかるでしょうが、、、
用途ですが、衝立材、テーブル材としてです。

pic3
売る木の上にセリコさんがのって一本、一本、売買が行われます。
方法ですが、入札方式で、一番高い金額を書いた人に売られていきます 

pic4
今回の市で、僕が、大変興味を持った木です。
真ん中に、煙草の箱が、落ちていますが、
結構大きい木です。

pic5
反対側からです。
中は、腐れて、ないのでしょうが、
何をするのかな?
ずっと眺めていました。
父に聞くと、雛山の時に飾っていたらおもしろいんじゃないの?
確かに面白いけど、飾りかー
いくらするんだろう?
せりこさんが、映っている写真の手前2本(ふたつにわかれた木です)
と穴のあいた木で合計30万円でした。
一本5~6万はしたんじゃないでしょうか?
それにしても、(笑)使い道が、、、

脚(あし)

2011年 5月 23日(月曜日) 09:00
 

当店で作られる、盤の脚には、手彫りの脚が、植えられています。

今、全国でも脚を手彫りでされる碁盤屋さんは、5人以下です。

 pic2

この形ですが、クチナシの実をかたどっています。

他人が、口を出さないようにという意味合いがあるそうです。

 

pic3

この道具が、脚を作る為の、道具です。

pic4

脚をノミと小刀で削った後は、ペーパーで、磨き仕上げをおこないます。

pic5

ペーパーで磨いた脚は、蝋(ろう)がぬられ、磨いて仕上がりとなります。

脚は、同じ木目、模様に合わせて選ばれます。

脚もある程度のストックが無いとなかなか盤にあわせられません。

榧の製材

2011年 5月 16日(月曜日) 09:00
今日は、榧の製材について説明します。

これは、榧の木の原木です。


榧の原木を約1尺7寸で切ります。
pict2

写真3 榧の木は、高級材で、弾力性にすぐれ、水にも強いので、端材でまないたをとったりもします。
pict3

将棋卓上盤の一枚板です。
本当は、こういうものが、いっぱいとれればいいのですが、
材料の大きさが、足りなかったり、節があったり、傷が出てきたりでなかなかうまくいきません。
pict4

取れた盤材は、すぐ、木工用ボンドを塗ります。
pict5

割れやすい、木口、板目の部分に、木工用ボンドを塗り重ね、(約5.6回)
全部塗ると中が乾かない為、塗っていない部分から、ゆっくりと自然乾燥で水分を出します。
この状態から、削って脚をうえて 目盛りで、だいたい一週間ぐらいでできあがりますが、
この乾燥が、約5年以上かかります。
pict6

69期名人戦について

2011年 5月 09日(月曜日) 09:00


今日は先日シーガイアで行われた、69期名人戦についてお話します。

CIMG0938
別の会場では、5/5に子供大会が5/6にアマチュア名人戦が行われました。

CIMG0939
こちらが会場となった四季乃という場所です。
朝会場に入る羽生名人とお会いしたのですが、真剣な顔つきでした。

CIMG0942
別の会場に設けられた大盤解説会では、プロによる解説会が行われました。

CIMG0949
これが、通算対戦成績です。
知られている方も多いと思いますが、
この二人は、小学校の時の全国大会の決勝戦の相手同士です。

CIMG0954
プロによる解説が始まると300名の席がぎっしりで立ち見が出るほどの大盛況でした。

碁盤、将棋盤のお手入れ法

2011年 5月 02日(月曜日) 09:00
また5月の1ヶ月の間ブログを担当します。
よろしくお願いします。

今日は盤のメンテナンスについてです。

碁盤、将棋盤のお手入れ方法ですが、一番よいのは手拭いなど乾いた布による乾拭きです。
よくやってしまうのが湿気のある布などで拭く行為ですが、漆の線や、
蝋が取れてしまうことがあるので絶対に禁物です。

長年のご使用で、天面の汚れがひどくなった場合には、植物性の油(椿油)等を少量塗り、
その油で拭き取ると綺麗に汚れが落ちます。

尚、木口、側面、裏面は蝋摺り加工が施してありますので、蝋が取れない程度に軽く拭くのがポイントです。

また、木材は急激な乾燥に非常に弱く、ひび割れの原因となる為、
直射日光、ストーブの前やエアコンの拭き出し口付近に長時間置くといった事は危険です。

覆い布や桐ふたを併用すると、盤が汚れたり、傷ついたりしないので末永くご使用いただけます。

日々のメンテナンスを続けて頂き、上質の囲碁、将棋ライフをお楽しみ下さい。

ご質問などあればこちらへ。

熊須碁盤店(http://www.kumasugobanten.jp)
(TEL:0985-77-0109 FAX:0985-77-2531 メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

新燃岳噴火の様子

2011年 1月 31日(月曜日) 09:00
cimg0045
当店からの新燃岳です。
爆発した後です。

cimg0041
それから2時間後
風で大きく流れています。

cimg0046
その翌日
風向きが変わるだけでこんな風になります。

cimg0047
一刻も早く治まってくれればいいのですが。
鳥インフルエンザ、新燃岳といい宮崎はついてないですね。
1 / 2 ページ