Home匠日記2011年2011年02月月曜:那須秋義(屋久杉の美秋工芸)
那須秋義

那須秋義

(有)屋久杉の美秋工芸

ウェブサイトURL: http://homepage2.nifty.com/bisyu-kougei/

思うがままに

2011年 2月 28日(月曜日) 09:00
綾町工芸コミュニティ協議会の方より、2月の曜日毎のブログ紹介をお願いしますと電話がありました。
各会員の方々も担当されるとの事でしたがネットの操作すら苦手な私です。
「どうしよう」と大変戸惑いました。
(ネットは家内に全て頼り切ってまして...)
協議会の方はどんな内容のブログでも構いませんとの事でしたが....
どの様な内容をブログに書いたらよいのか大変迷いました。
折角の依頼ですので頑張って「綾の事」でもブログに書いてみようかと、はらはらどきどきしながらも気持ちよく引き受ける事にしました。
(私のモットーは、必ず何とかしますのYESの精神で今日まで至っておりますので。)
永く永く忘れる位、日記など書く事のなかった自分にとっては難問題でした。
その後、私の聞き違いだったでしょうか?妻よりの話しでは2月中に4回のブログ掲載だったとの事でした。
ブログなど全く縁のなかった私にとっては「困った、困った」の連続でプレッシャーでありました。
責任逃れしては申し訳ない何とかなるだろうの精神でお引き受けしました。
(係の方の誠実で真剣な気持ちが伝わりました)
そして第一回目のブログは「綾の事」、第2回目のブログは「綾の工芸をどげんかせんといかん」、第3回目では私共の年間イベントの紹介でした。
そして第4回目は「思うがままに」と題して...

CIMG2909屋久杉との仕事の付き合いは、かれこれ35年位になります。
現在も卸業の方が店売りより比重が高くあります。
まあまあ元気で今日迄商いができるのも振り返りますと、お得意さんとの「信用」そして「責任」の二文字そのものであった様な気が致します。
20年から30年と長い長いお付き合いが続いておりますお得意さんもあります。
「広げずそしていつまでも深い絆で」をモットーにお付き合いをさせて頂いております。
作品(商品)のアフターなど大変厳しい業界でしていつでも早急な対応「責任感」が強く求められます。
最近では作品をお得意さんへメールする事が多くなりました。
一品一品と作品が違いますが「信用」のみで買って頂いております。
(お得意さんが本当に買ってよかったと思っているのだろうかと心にプレッシャーがかかる事もあります)
今日迄頑張ってこられたのはお得意さんとの共存共栄であった様に思います。
今後も共存共栄の精神を忘れる事なく忠実でありたいと思います。

4回共、支離滅裂なブログでしたが第一回から第4回迄と無事ブログの完了となりました。
ブログ依頼された事は私にとっては、今はささやかな「責任感」の達成であったような気持ちです。
(ブログを書かれました会員の方々はいかがだったんでしょうか?書く事の大変好きで、長けた方もおられるでしょうが...)

最後に自然豊かでのどかな綾町へお越しになられましたら当店へも足を運んで下さい。
ありがとうございました。

CIMG2926(有)屋久杉の美秋工芸
代表者 那須 秋義

(有)屋久杉の美秋工芸の年間イベント情報

2011年 2月 21日(月曜日) 09:00
現在、私共は宮崎県家具工業会の会員に所属致しておりまして下記、恒例イベントに参加致しております。

1.平成23年1月12日~13日
「家具 新春展」
(会場)福岡県大川市 大川産業会館

全国より百貨店さん、家具小売店さん、ホームセンターさん、家具に関する業者さんと期間中約3000社位の来場があり賑わっております。
内容は、食堂に関する商品、応接間に関する商品、ベッド商品、銘木でできた商品、TVボードに関する商品等の家具が出品されます。
最近では各メーカーさんTVに関する商品が多い様です。
私共に似た銘木家具は、徳島、香川県のメーカーさんが出品されております。

2.平成23年4月6日~7日
「ジャパンインテリア総合展 九州家具展」
(会場)福岡県大川市 大川産業会館

CIMG6185
1月と同様の出品内容です。引き続き同会場にて4月9日~10日迄「大川木工まつり」が開催されます。

この2日間は一般のお客様が対象で大変な賑わいです。
(予想では2万~3万人の来場との事です)

3.平成23年7月中ごろ
「夏の大川家具展」
(会場)福岡県大川市 大川産業会館

出品内容は1月、4月とほぼ同様のようです。
この時期は、大変暑い時節ですので来場者はかなり少ない様です。

4.平成23年10月中ごろ
「秋の大川家具展」
(会場)福岡県大川市 大川産業会館

出品内容はほとんど変わりませんが、時節柄来場者もかなりありまして大変賑わいます。
同会場におきまして引き続き恒例の大川木工まつりが開催されます。

「大川木工まつり」3日間

木工まつり3日間は一般のお客様で大変賑わいます。
約4万人以上の来場者が予想されます。
私共もこの時期が迫りますとわくわくで楽しみです。

5.平成23年11月23日~27日
「第30回綾工芸まつり」
(会場)綾町てるはドーム

CIMG5376
綾町の大イベントで、工芸家の皆さんの待ちに待った大展示即売の時です。
今年は大変魅力あるまつりになるようです。
ご期待下さい。

私共も広島展、大阪展と出展致しておりましたが、最近では福岡での4回と地元綾での1回のイベント参加になりました。
家具の世界も厳しさが増しております。
私共も商品開発などあらゆるチャレンジが大切だと痛感致しております。
ブログの私の担当は次回が最後になりますがどうぞ次回迄お付き合い下さいませ。

CIMG6908
展示会中に宿泊するホテルの様子です。

美秋工芸 那須秋義

屋久杉との出合い そして本業へ

2011年 2月 14日(月曜日) 09:00
CIMG4365今から約40年程前に屋久杉との出合いがあり本業として今日迄に到っております。
ご存知の様に屋久杉は世界自然遺産登録地屋久島のみに自生し樹齢1000年以上経った杉を屋久杉と呼んでおります。
独特の杢目の美しさ、色艶の良さ、香りの素晴らしさ、まさに自然が与えてくれた宝物です。
木の宝石といっても過言ではないと思います。
一部の土埋木のみ国(森林管理局)の払い下げを頂き(入札制度)製材そして原板を数年間乾燥させてニーズに合った作品(商品)に仕上げていきます。
それぞれの屋久杉に似合った作品造りは大変楽しみでもあります。

CIMG6475「屋久杉専門店」を綾町へ出店致しまして早13年を過ぎようとしております。
出店当時は綾町でなんで「屋久杉が綾に」とそう言われた事もありましたが、今はグローバル社会です。
私共も今では東京、大阪、広島、福岡と多くの有名店さんとお付き合いをさせて頂いております。
綾町のショールームにも綾を訪れた観光客の方々、地元県内の方々が立寄って下さいます。

お買上げ頂いた作品は、ほとんどが、ショールームより発送させて頂いております。
時には私共のトラックで県外のお客さん宅迄直接お届けする事もあります。
ショールームで見た時より部屋に置いた時の方がずっと素晴らしいと喜んで下さいます。
その時は屋久杉の仕事をやってて良かったと思い感謝感謝です。
原木の入手が極めて困難な為、屋久杉の仕事も後何年できるのだろうかと不安な面もあります。
せめて後5~10年続けていければと願っております。

CIMG7062自分を振り返ってみまして屋久杉の仕事は自分に似合った「天職」であった様な気が致します。
ほとんど趣味はありませんが、あえて言えば「屋久杉」が趣味かなと思います。
ストレス解消は、屋久杉を眺めてほっと一息ここち良さを味わえる時間の様な気が致します。
(特に晩酌しながら、屋久杉を眺めるここち良さは最高です。)

綾町に毎年100万人近くの観光客の方々が訪れます。
(綾の工芸をどげんかせんといかん)というのが私の夢ですが「屋久杉と綾の工芸」を常設できる施設があればと考えております。
(現在、国際クラフトの城も活躍しておりますが)
工房毎の月替わり販売も可能で、また常設も可能な工芸の店づくりを実現できれば工芸も大変潤います。
綾を訪れたら必ず立寄れる「工芸のスポット」として実現できれば今以上に賑わうようになると思います。
綾町の工芸もチャレンジへのチャンス時期かもしれません。

次回は当店の年間イベントのご案内をと考えております。

CIMG7066追伸「気になる出来事」
1月26日噴火しました霧島連山の新燃岳はいまだに治まろうとしておりません。
約50㎞離れております綾町もいまだに時々、微粒な火山灰が降っております。
初めての体験でして毎日、車の洗車、店駐車場の清掃に追われております。
各家庭の屋根瓦に積もった灰が除去されるにはまだまだ相当な月日がかかる様な気がします。
今は忍耐でしょうが、皆々頑張りましょう。

美秋工芸 那須秋義

「綾の工芸」ご存知ですか

2011年 2月 07日(月曜日) 09:00
元気のある町。
私共の住んでいる綾町は、人口約7300人程の農業、観光を中心とする町です。
最近ではスポーツ招致(野球、陸上、特にサッカー)に大変積極的で、キャンプ地として県内でも有数な町です。
年間を通じまして約100万人近い観光客の方々が訪れます。
町の中心部には「本ものセンター」地元産農産物直売所がありまして、新鮮な取り立て野菜などを求めて毎日たくさんのお客さんで賑わっております。
県内の農産物直売所の先駆け的存在でもあります。
観光名所(つり橋、綾城、酒泉の杜など)もあり名所も賑わっております。

bisyukougei私共も綾町へ移り住みまして約13年が過ぎようとしております。
住めば都と申しますが今ではすっかり「綾の人間(ひと)」になっております。
この町で「屋久杉工芸の店」を営んでおります。
この町には工芸家、陶芸家の自営の方々がたくさんおられます。

毎年11月には恒例の「綾工芸まつり」の大イベントがてるはドームにて開催されます。
この期間は工芸、陶芸家の皆々「目の輝き」が違います。
自作品を勧めて販売できる唯一のチャンスでもありますので工芸まつりの期間中は「えびす顔」の作家さんが多い様な気が致します。
souko毎年100万人近くの観光客の方々が訪れますので何とかアピールして年に一度の「えびす顔」でなく月に一度、いや、せめて半年に一度の「えびす顔」に皆々がなれます様に・・・
綾の工芸には心のこもった作品がたくさんあります。是非一度ご覧頂いて作品の良さをご理解下さいます様に。
私達も「綾の工芸」をもっともっと観光客の方々、又全国へアピールして行かなければと痛感致しております。
(チャンスは必ずあり出来ると思います)
次回は屋久杉の話しをご紹介致したいと思います。

追伸
ブログ中、霧島連山 新燃岳の噴火が続いております。
綾の町も灰一色の世界に様変わりしております。
宇宙には宇宙の事情があり、地球には地球の事情があるのでしょうか?
噴火が早急に治まる様、県民、皆、願っております。
どうか早急に治まってほしいものです。