Home匠日記2011年2011年02月水曜:矢島章(木工房波木道)次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 木工房 波木道

次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 木工房 波木道

物造りのルーツ

2011年 7月 05日(火曜日) 09:00
こんにちは、宮崎は梅雨明け宣言をしましたが雨が降ったりはっきりしない天気です。
曇っているので暑さはそれほどでもないのですが湿度が高くむしむししています。 (;¬_¬)

先月わたしは私用と、仕事で東京に行ってきました。
高速料金上限千円も最後になるということだったので片道1400キロを1人と愛犬一匹で行ってきました。
道中の話もしたいのですが長くなりそうなので今回はやめにして別の話をします。

実家から少し車で行った所に横山模型店というのがあり、たまたま前を通ったらまだ健在だったので覗いてみました。
昔ほどの品揃えは無いもののおばちゃんも元気に店番をしていて、私のことは覚えてなかったけど懐かしい話ができました。
なぜこの横山模型店かと言うと、Uコン飛行機です。
同年代の方は知っている人もいると思いますがユーコントロール、略してUコンといいます。
15メートルほどの2本の細いワイヤーの先にエンジン付き飛行機を付けてぐるぐる回りながら飛ばして遊ぶ、というものです。
小学6年ごろから中学2年位まで夢中になっていました。


このUコンこそが私の物造りが好きになったきっかけかな、と最近思ったのです。
Uコンの機体はキットになって売っているのですがそれなりの知識と技術がないと作れず、
初めは近所でUコンをしていたおじさんに手伝ってもらいながら作りました。
練習機から始まって、柴電改、メッサーシュミット、その他などを作り、しまいには友達に図面を借りて自作で機体を作っていました。
自分で作った機体が空を舞うのは気持ちいいものです。
その反面、墜落することもよくあり修理しながら飛ばしたものです。
当時はUコンの大会も盛んで、風船割りという競技で3位が最高でした。
ucon2

機体を作るわくわく感は今の家具造りと同じです。
ただ違うのは造っていて両親に怒られないことです。
もし宮崎でUコンを今も飛ばしている方がいましたら御一報ください。