Home匠日記2011年2011年02月ゲスト:佐藤拳男(ホルトノキ代表)
佐藤拳男

佐藤拳男

ホルトノキ会長

ウェブサイトURL:

綾町工芸コミュニテイ^の活性化を期待して

2011年 2月 06日(日曜日) 10:48

隣人の新進陶芸家K氏の活動に敬服しながら綾町コミュニテイの本格的な活動を期待

している者の一人です。綾町との出会いを振り返れば早や半世紀以上にも遡りましょうか、

戦後の経済復興を象徴する電源開発期に綾北ダム開発で町内の活性が最高期にあった

頃。九州山地脊梁の辺陬の地が俄かな人口増に遭遇し原始以来の風俗史が様わりして

いたころでした。

当時地元の金融機関にいた私はこの町の経済活動に対応する支店設置のために頻繁に

訪れていましたが日々住民の生活リズムがいわゆる「田舎らしさの美」を失っていくような

思いに駆られ虚しさを覚えていたものです。

あれから早や半世紀の歴史を経ました。今、この町のアーチストが本来の里の顔に戻り

大古に回帰しようとする息吹きに敬意や満腔の賛意を覚えてなりません。

そこで一つの提案ですが工芸と称するかぎりいわゆる「工」のジャンルには違いありません

が活字分野などにもレパートリーを解放したとえばレタリング専業の方たちの組織参加など

もいかがなものでしょう?