Home匠日記2011年2011年02月屋久杉の美秋工芸「綾の工芸」ご存知ですか

「綾の工芸」ご存知ですか

このアイテムを評価
(2 投票)
元気のある町。
私共の住んでいる綾町は、人口約7300人程の農業、観光を中心とする町です。
最近ではスポーツ招致(野球、陸上、特にサッカー)に大変積極的で、キャンプ地として県内でも有数な町です。
年間を通じまして約100万人近い観光客の方々が訪れます。
町の中心部には「本ものセンター」地元産農産物直売所がありまして、新鮮な取り立て野菜などを求めて毎日たくさんのお客さんで賑わっております。
県内の農産物直売所の先駆け的存在でもあります。
観光名所(つり橋、綾城、酒泉の杜など)もあり名所も賑わっております。

bisyukougei私共も綾町へ移り住みまして約13年が過ぎようとしております。
住めば都と申しますが今ではすっかり「綾の人間(ひと)」になっております。
この町で「屋久杉工芸の店」を営んでおります。
この町には工芸家、陶芸家の自営の方々がたくさんおられます。

毎年11月には恒例の「綾工芸まつり」の大イベントがてるはドームにて開催されます。
この期間は工芸、陶芸家の皆々「目の輝き」が違います。
自作品を勧めて販売できる唯一のチャンスでもありますので工芸まつりの期間中は「えびす顔」の作家さんが多い様な気が致します。
souko毎年100万人近くの観光客の方々が訪れますので何とかアピールして年に一度の「えびす顔」でなく月に一度、いや、せめて半年に一度の「えびす顔」に皆々がなれます様に・・・
綾の工芸には心のこもった作品がたくさんあります。是非一度ご覧頂いて作品の良さをご理解下さいます様に。
私達も「綾の工芸」をもっともっと観光客の方々、又全国へアピールして行かなければと痛感致しております。
(チャンスは必ずあり出来ると思います)
次回は屋久杉の話しをご紹介致したいと思います。

追伸
ブログ中、霧島連山 新燃岳の噴火が続いております。
綾の町も灰一色の世界に様変わりしております。
宇宙には宇宙の事情があり、地球には地球の事情があるのでしょうか?
噴火が早急に治まる様、県民、皆、願っております。
どうか早急に治まってほしいものです。

最終更新日: 2011年 5月 31日(火曜日) 09:36
このカテゴリの他アイテム: 屋久杉との出合い そして本業へ »
那須秋義

那須秋義

(有)屋久杉の美秋工芸

ウェブサイト: homepage2.nifty.com/bisyu-kougei/