Home匠日記2011年2011年02月綾町竹細工教室新人竹細工講座

新人竹細工講座

作者: 奥次男 2011年 8月 05日(金曜日) 09:00
このアイテムを評価
(1 投票)
8月担当の綾町竹細工教室 代表 奥次男です。
今回は、新人竹細工教室と昨年の暮れに実施した研修旅行について書きたいと思います。
始めに新人竹細工講座について書きます。
23年度の竹細工教室は6月1日(水曜日)から始め、毎週水曜に実施しました。
8月3日で終了しました。
綾町の生涯教室は月に2回、年に10回となっておりますが、竹細工は次の回までの間隔が空きすぎると、
作った竹ひごが乾燥して、作品をうまく作る事が出来ない等の理由で、特別に承認して頂き月2回ではなく、
毎週水曜日に連続で10回、短期間で実施しました。

今年の竹細工教室の作品は、①よろづかご ②六目かご ③ざるめ編みかごの3点を竹割りから作らせました。
①よろづかご 2回
②六目かご 4回(金竹で1回 真竹で3回)
③ざる目編かご 4回(真竹で、長ひご つくりから)

竹割は、竹細工の基本であるので、徹底して指導しました。
生徒さんは竹割に大変苦労されたようです。
それはそうですよね。
竹割三年と言いますので無理もありません。
しかし幅揃器、厚み揃え器を使ってなんとか終了しました。

今年の生徒さんは、6人ですが6人とも手先が器用な人ばかりで熱心に取り組み、立派な作品を作る事が出来ました。
五十嵐先生、日高先生と僕の3人で指導しましたが、
生徒さんが自分の作った作品を見て喜ぶ姿を見ると今まで苦労した事も忘れほっとし、癒されています。
今後は、自主講座を希望される方のみ今まで習った作品を復習をし、
その後、新製品作りに励むことになりますが何人残るかが心配です。



竹細工教室は、本来後継者育成を目的に立ち上げた講座と聞いておりますが、
現在は一般の生涯教室と一緒になり、講師の先生の指導料も一日指導しながら半日分しか払ってもらえないという事もあり
講師の先生を依頼するのに困っております。
僕たちが竹細工教室に入ったころは、月2回で一年中指導料も出て翌年も継続して出来ていましたので助かっていました。

これでは後継者育成はできないと訴えているのですが中々、分かってはもらえません。
最近、僕も年齢のせいか、気力がなくもうこのへんで引退しようかな?とおもうこのごろです。
来週は鹿児島研修旅行についての感想文を書きます。
最終更新日: 2011年 8月 04日(木曜日) 16:07
このカテゴリの他アイテム: « 竹細工教室について
奥次男

奥次男

綾町竹細工教室