Home匠日記2011年2011年03月
2011年03月
秋山眞和

秋山眞和

綾の手紬染織工房
綾の工芸の先駆者が今までの綾、これからの綾を語ります。

ウェブサイトURL:

2011年 3月 28日(月曜日) 09:00
昭和50年1月、地元宮崎での「ひむか邑」結成記念展を皮切りに 3月東京日本橋丸善本店
開催のあと、5月名古屋、6月京都、そして10月札幌と各丸善のギャラリーで巡回展を行っていった。
多士済々の賛同、後援者の広報力に加え、新しい工芸の将来像を引っ提げての若者達による工芸展はニュース性も大きく、
各会場とも連日大勢の来場者に邑人たちは昼食をとる暇もなかった事を覚えている。
04-0104-0204-03

邑人の作品は陶器や木材などの重量な物が多く、札幌展にはトラックを仕立ててフェリーを乗り継いでの行程だった。
帰りは空になったトラックに北海道の産物を仕入れて、事務局費用補填の一部に当てようとの思惑もあった。
04-04

04-05
左(川村賢次)陶器 右(秋山眞和)織

どの会場もデザイナー、教師、公務員など文化論を好む方々で連日その対応には苦労した。
だがその甲斐あってか放送新聞ほぼ全てのマスコミが取り上げてくれて「ひむか邑」の名は
作品のレベル以上に大きく知られるようになっていったと思う。
04-0604-07

単品の工芸展でなく、生活文化の供される多種な工芸品を揃えた各会場は注目されていて、
我らの主張に高い評価を示し、熱っぽい反応に期待は大きかった。

だが、活動資金を補う源の売上げは陶器を除き頭を抱える状態が続いた。
思想と現実との間隙、後々この代償は事務局運営に大きな足かせとなっていった。

事務局を努めた当工房は約一年間の全国行脚とその前の準備期間を加えすっかり体力を使い果たしていた。
昨今はこのような活動に補助金もつくようになっているが、まだその頃には行政の支援も受けていなかった
(ただ我々が知れなかっただけかも知れない)。



結果的に私にとっての一年間は文化催事以上ではなく、事務局もいつの間にかその役目を終えていた。
しかしその後、事務局を担当していた若者たちが独立して工房を興し「ひむか邑」の名を残しているのは頼もしいかぎりだ。
だが今にして考えてもあの戦争のような大騒ぎはやはり多くのものを残してくれたと思う。
あの時代であの若さであったからこそできた行動であって、その後の綾町工芸コミュニティー協議会
の発足に繋がっていった。

ひむか邑全国巡回展を知った宮崎県商工労働部が動き出したのである。
昭和52年頃から東京のラック計画研究所の前田豪氏を座長として綾町工芸コミュニティーの骨子を策定開始し
予算を組んで行政からの支援を本格的に考えてくれていた。

さて、ひむか邑設立時のメンバーを第一世代ともし仮定するとしたら、
綾町工芸コミュニティー協議会設立関わったのが第二世代、
そしてその構成メンバーのスタッフ(後に独立)が第三世代、
さらに近年綾町に魅力を感じ、技をもって物創りの場として選んだ方を第四世代とでも呼ばしてもらおう。
第二世代以降の話題は次の機会としたい。

綾の事始め(3)

綾の事始め(2)

綾の事始め(1)

川越純子

川越純子

大山食品株式会社の川越さんです。
お酢のいろんな事について教えちゃいます!

ウェブサイトURL:

2011年 9月 27日(火曜日) 09:00
秋の運動会シーズンです。
私は、運動が苦手で運動会など大嫌いでした。
朝から揚げ物のパチパチという音で目が覚め「雨かな」と期待すると、
から揚げの音でがっかりしたというのを毎年繰り返していました。
大人になってみると、運動会という一大イベントがすごく楽しくて、
お弁当の献立も随分前から考えたり、応援にも力が入って、
子供たちより楽しみにしているのではないかと思うこともしばしばです。

匠日記も私の担当はこれで終わりなので、少し宣伝をさせてください。
11月5日に第3回綾・くろずまつりを大山食品の工場内で開催します。
今いろいろと準備中です。
11月19日から23日までは、綾工芸祭りも開催されます。
大山食品も出展しますので、どちらも是非足をお運びください。
くろずまつりはまだ準備中ですが、子供たちが喜んでいただけるお祭りにしたいなと考えています。
宮崎には綾町には、こんなにこだわった黒酢を造っている工場があるんだとたくさんの人に知ってもらえたら幸いです。
たくさんの方がいらっしゃることを心よりお待ちしています。

新ラベル

秋仕込

東北地方太平洋沖地震

みなさん、こんにちは。

泰田久史

泰田久史

八衛門窯

ウェブサイトURL:

2011年 9月 21日(水曜日) 09:00
ここ数年、綾町を離れることが多い。
そんな中、8月に知った綾町関連のニュースにはびっくりした。

ニュースの内容はこうだ。
照葉樹林の町で知られる綾町の広沢ダムに水上スキー場が整備され、20日にオープンする。
森林に囲まれた静かな湖面を前面に打ち出し、世界大会の誘致を目指す。
10月に新装オープンする照葉大吊橋とともに町の新たな観光スポットとして期待されている・・・

ニュースの内容は以下のサイトをご覧下さい。
MCN宮崎ケーブルテレビ「デリステNEXT」 広沢ダム水上スキー場開設のニュース

テレビの画面に映し出される水上スキーに挑戦する子供の姿を見て思わず「さすが綾町」と声を出してしまった。
当たり前のことだが、ダムはレジャー用に作られたものではない。
目的外に使用するには、町だけではなくさまざまな行政機関や関係団体、地元住民の理解を得なければならないはずである。
聞くところによれば、数年間の粘り強い活動の末ようやく許可が下りたという。

最近、どういうわけか県や市町村の行政関係の方に会う機会を頂いている。
ほとんどの人は公務員としての使命感を持ち、真面目に仕事されている方ばかりであり、心打たれることも多い。
しかし、中にはできない理由ばかりを探し、したり顔でいばっている人がいて、
住民活動の障害ではないかとさえ思える人がいるのも事実である。
(もちろん、そんな人はほとんどいません。くどいようですが念のため)

小さい町ながら、きらきらと光り続ける綾町の秘密をみた思いがし、そんな町に工房がある事を誇りに思う。

八衛門窯 泰田久史

八衛門窯3

八衛門窯2

八衛門窯1

川野紘造

川野紘造

グローバルヴィレッヂ綾
綾町工芸コミュニティ協議会を最初から見てきた川野さんが綾の工芸について語ります。

ウェブサイトURL:

2012年 1月 06日(金曜日) 09:00
綾北川と綾南川に挟まれた街は、農業用水がいたる所に見受けられる。
今回は、この農業用水を利用したエコタウンの計画を提案したい。
宮大の日吉健二助教授(小型発電機開発者)によると、小型発電機をいたる所に設置可能であるとの意見を頂いている。
綾町を自然エネルギーによる明るい街にそして、電気エネルギーをそば粉や土造り(陶工の為の土造りと農業用の土作り)の動力源にした新しい観光資源とする事ができる。
目に見える水の流れを絵にした街の姿が緑に囲まれた街の中を、さらに剪定をしない街路樹を増やし歩いて気持ちのよい歩道にしたい。
水路には蛍が生息、鮎、川エビ、山太郎蟹、メダカ、フナ、ウナギ等の自然体系の川魚達が見られ、子供達が遊べる水辺を作りたい。
街の中に、自然を呼び込む事により、建物の作り方も変わってくるはずである。

175_7581

人工の素材による物造りは、合わないだろうし少しずつ街の形を変えてゆき、美しい街に生まれ変わっていくだろう。
水によって生まれた電気をまず、街路灯に利用したい。
その街路灯も人工的なものでなく、木材で作りたい。
例えば間伐材を利用したものを提案、子供達に呼びかけ、造形教育の実践の場として利用、
土日を利用した行事とし、工芸コミュニティ会員や腕自慢の人々のボランティアを子供一人一人につけ、
鑿、鋸、ナイフを使ってトーテムポールを作っていき、一年の成果を工芸まつりに発表。
祭り参加者(消費者も含め)の投票による全作品に何らかの理由をつけ表彰するイベントを工芸まつり会場で行いたい。
美しく形のよい街路灯ができれば、九電の電柱もそのままでは見苦しく、何とかしたい。
次に水を利用した、土作りで新しい農産物が生まれ、水車小屋で生まれたそば粉と共に名物料理が生まれる仕掛けもしたい。
(例えば蕎麦料理のコンテストを季節毎に行い、綾の素材を使った名物料理を誕生させたい)
もちろん、その名物料理と器をからめたコンテストも行い、食事処(癒し処として)の造作も必要となってくる。
ゆっくり夕食を摂ったら、宿泊したくなる。
都会にはないごまかしのない宿泊空間も必要となるだろう。
美しい街づくりを!!
そんな街は時と共に味が出てくるし、自然との美しい調和が生まれてくる。
そこに未来の展望が開けてくるのではないか。

綾の町興しについて

里山としての上畑を考える

工芸まつりの改革

ものづくりのきっかけ

大原文雄

大原文雄

大原陶苑
綾の工芸について熱い思いを語ります。

ウェブサイトURL:

2011年 3月 25日(金曜日) 09:00
今回で最後の匠日記になりました。
東日本・関東地方の被災された方々には心よりお見舞を申し上げます。

僕は、今、ちょっと気になっていることが有ります。
現代は、便利・スピードを優先しすぎて、MONO(もの)の大切さ・尊さが失われているのでは?
私の仕事が手づくりの職業なので、先輩達から学んだほんもののこだわり・・・。
大げさに言えば、日本の良さを、失っているのではないか・・・。
気がかりです。

今まで、保育所や小学校・子供会等で、陶芸教室を数回させてもらったことが有ります。
手づくりの町で生まれた子供達。
少ない時間でも何か、子供達に伝わればいいなと・・・楽しい時間が持てました。
将来、〝手づくり〟に出会った時、物おじせず挑戦してほしいです。
私が今の陶磁器の仕事に進んだのも、5才の時、粘土づくりでゾウを作り、それをほめられたのが大きなきっかけです。
多くの子供達に、手づくりの素晴らしさを心に留めてほしいです。
今年の〝第30回工芸まつり〟の大きなテーマの一つです。
次世代の子供達よ!〝手仕事〟楽しいちゃが!

003
☆長男が5才の時の作品〝ベンチ〟・・・?

おやじへ!最後のプレゼント

〝綾発〟都会に行った若者達へ!

佐藤拳男

佐藤拳男

ホルトノキ会長

ウェブサイトURL:

2011年 2月 06日(日曜日) 10:48

隣人の新進陶芸家K氏の活動に敬服しながら綾町コミュニテイの本格的な活動を期待

している者の一人です。綾町との出会いを振り返れば早や半世紀以上にも遡りましょうか、

戦後の経済復興を象徴する電源開発期に綾北ダム開発で町内の活性が最高期にあった

頃。九州山地脊梁の辺陬の地が俄かな人口増に遭遇し原始以来の風俗史が様わりして

いたころでした。

当時地元の金融機関にいた私はこの町の経済活動に対応する支店設置のために頻繁に

訪れていましたが日々住民の生活リズムがいわゆる「田舎らしさの美」を失っていくような

思いに駆られ虚しさを覚えていたものです。

あれから早や半世紀の歴史を経ました。今、この町のアーチストが本来の里の顔に戻り

大古に回帰しようとする息吹きに敬意や満腔の賛意を覚えてなりません。

そこで一つの提案ですが工芸と称するかぎりいわゆる「工」のジャンルには違いありません

が活字分野などにもレパートリーを解放したとえばレタリング専業の方たちの組織参加など

もいかがなものでしょう?