Home匠日記2011年2011年04月金曜:陶房八十一(興梠智一)
やそいち

やそいち

陶芸家。独身42歳。

ウェブサイトURL: http://yasoichi.jp

匠日記、着々と準備中

2010年 10月 08日(金曜日) 16:07
綾町工芸コミュニティ公式サイトでは、綾町在住の工芸家や外部の工芸愛好家の方に、いろいろなコラムを書いていただく企画を準備中です。 乞う、ご期待ください(^_-)

綾の納涼夜市、無事終了!

2010年 8月 30日(月曜日) 11:12

今年も綾町商工会主催の納涼夜市が、無事に終了しました。

4月から始まった口蹄疫厄災によって、県内でのイベントが軒並みに中止となり、綾町でも7月の終わりに予定されていた町を挙げての一大イベント、夏祭りが中止に追い込まれました。
そんな中で、やはり何か元気の出るイベントが無くなるのは寂しいよねと、夏休み最後の土曜日に開催して来た納涼夜市はぎりぎりまで準備を進めてきました。

そしてご存知の通り、関係各所の尽力によって前日27日に知事より終息宣言の発令となりました。

28日土曜日の朝9時に、役場裏にある公園に理事および青年部は集合。
本部のテント張り、提灯張りを行いました。
ここ数日、ぐずついた天気のため、突然の土砂降りに見舞われます。
雨の間隙をぬっての作業は、涼しくもあり、しかし日が照りつけると数分で大粒の汗が(・o・)
なかなかスリリングなものでした(笑)

ま、つらい仕事もみんなで冗談を言い合いながら、和気あいあいとするのは楽しいものです(^_-)

僕が青年部を卒業して2年が経ちますが、現役の部員ががんばって部員を増やしてくれたおかげで、頭数に困ることは無くなりました。
みんなてきぱきと己の仕事をこなしてくれ、OBは安心です。

午後は出店の準備。
夜市の定番、綿菓子、かき氷、焼きそば、焼き鳥、ビール、焼きイカ、焼きトウモロコシ、フランクフルト、金魚すくい、輪投げの数々。
これらを各種ステージとともに、青年部、女性部、理事が盛り立てます。
今年は、やまびこ(綾町青年連絡協議会)からも応援に来てくれました。

僕の担当は、焼きイカと焼きトウモロコシとフランクフルト(多過ぎやろ!)でした。
本来、青年部員を中心として理事や女性部、OBがサポートするのですが、なぜか青年部OBだらけの現場に(^^ゞ
青年部は副部長ががんばってくれましたが。
いろんなトラブル(?)に見舞われながら、なんとか完売。
お買い上げ、ありがとうございました。

この夜市は、町民への感謝祭という位置づけなので、僕らはボランティア。
値段も通常のテキ屋さんよりずっと安くしています。
売上は青年部と女性部の部費とさせていただき、それらを町興しの活動費として還元させていただいています。

今朝は6時集合で後片付け。
へろへろになって帰ってきました。
今夜の反省会、楽しみにしてます(^_-)

3 / 3 ページ