Home匠日記2011年2011年04月金曜:陶房八十一(興梠智一)陶房八十一第31回工芸まつりに向けて

第31回工芸まつりに向けて

このアイテムを評価
(0 投票)

さて前回までは「第30回工芸まつり」での、私個人が関わった上の反省を書いてきました。
そして今年は新しい節目、31回目の工芸まつりに向けての準備が既に始まっています。 

今回の実行委員長は元町陶苑の日高幸一さん。
幸一さんからの要請により、(まだ正式決定ではありませんが)広報班長を仰せつかりました。
企画と並んで広報は表に立つことの多い、責任重大な部署ですので、いささか緊張気味であります(^^ゞ

まずはここ数年続けて来た「チラシ」の見直しに手をつけたいと思っています。

以前は、チラシではなく、ポスターと葉書でした。
このポスターのデザインを、実行委員会でああでもない、こうでもないと話し合ったものです。
このポスターを作る過程で、実行委員内の意思統一が図られ、またコミュニティ全体にも浸透していった効果があったような気がします。

でもね、本当にポスター作るの大変なんですよ。
作ったはいいけど、これを各所にお願いして貼って頂かなければいけないし、剥がしにもいかなきゃいけない。 
お金と手間ひまが掛かるんです。
それが費用対効果としてどうなのか?ということでチラシになったのですが、楽になったのはいいものの、何となく工芸まつりに向けて一丸となっていく様子が年々感じられなくなって来ていました(あくまで個人的な感想ですが)。
後はデザインも「おまかせ」だったようで、今イチ(^^ゞ(すいません)

もちろん、昔のやり方そのまんまということではなく、チラシの利点も生かせる方向でやっていきたいなーと考えています。
まだ具体的なアイデアはありませんが(笑)

ま、なんとかなるでしょ(^_-)

お楽しみに!

最終更新日: 1999年 11月 30日(火曜日) 09:00
やそいち

やそいち

陶芸家。独身42歳。

ウェブサイト: yasoichi.jp