Home匠日記2011年2011年04月金曜:陶房八十一(興梠智一)次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 工芸まつり

次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 工芸まつり

第31回工芸まつり実行委員会のご報告

2012年 9月 20日(木曜日) 17:10

綾町では台風一過の後、一気に秋が訪れた様に朝晩めっきり涼しくなって参りました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

先日、工芸まつりの実行委員会が開かれました。もう5回目となります。
今年は僕は広報担当を仰せつかりました。

今年はここ数年作成して来なかったB2サイズの大きなポスターを作ろう、ということになり、新しくデザインし実行委員会で最終決定がされました。
なかなかいいなあ〜と自画自賛しておりますが(笑)皆様にお披露目出来るのはもうちょっと先になります(^_-)

ポスターだけではなく、ウッドプロ綾杢の吉村さんを中心に、斬新な会場設営も検討されています。
昔の町体育館及び武道館の時のにぎわいが、新しくてるはドームの巨大な(!)会場になってから何せ広過ぎて(笑)、良く言えばゆとりがある、悪く言えば閑散としている様に見えてしまうところをどうしたら解消出来るのかを知恵を絞っています。

他にもお馴染みオークションなども、もちろん企画しております。
どうぞお楽しみに!(^_-) 

綾町について

2011年 7月 04日(月曜日) 09:00
簡単に自己紹介。
宮崎県の北西にあたる東諸県郡綾町入野4000番在住の香川文徳と申します。
現在はナチュラルガーデンと小さな畑の中でオーベルジュを営んでいます。

私の住んでいる綾町は農業、畜産中心の人口8000人弱の照葉樹林に囲まれ綾北川・南川に挟まれている小さな町です。
一年間を通していろいろなイベントを行っていますが、それはおいおい紹介するとして毎年11月になりますと綾町在住の工芸家が一堂に集まり大イベント「綾工芸まつり」が企画されます。
今年は30回目となりますので、綾町の農産物も含めたイベントで11月19~23日の5日間のロング大イベントを行う事になっていますが工芸家といっても幅が広く、木工、陶器、ガラス、染色、人形、刀剣、竹細工他食品等たくさんで日本中からのお客様をお待ちしています。
綾町ならではの一味二味違った文化を楽しめると思いますので是非参加して下さい。

今月は、私が綾町工芸コミュニティのブログで4買い連続で綾の魅力を御紹介していきます・・・・。

工芸祭りは桑茶ガブガブ

2010年 11月 23日(火曜日) 19:21

 

こんばんは!
今日で綾の工芸祭りが終わりましたね!さっきまで後片付けしてました!
土日祝は晴れてくれたのでお客様もたくさん来てくださってよかったです!
ストラップは、夜なべをして50個完売いたしました!おかげさまです!!
ありがとうございました!
自分で作ったものが売れるのは、初めてなのでとてもうれしいです。
値段を付けるのはとても難しいですね><
今回のお祭りでいろいろ学べたのでうれしかったですし、楽しく販売できたのでよかったです。あ、祭りで着物を着てたオカッパ頭が私です。
座敷わらしとか市松人形とかなんかめちゃくちゃいわれてましたね(笑)

お祭りでは陶器を3つくらい買いました!!安すぎる><
お気に入りなので見てるだけでも幸せです。あと、ガラポンしたらメリークリスマスちり紙を三個ゲットしました!!

祭りが終わったあと私は工房で、年末までに帯を織ったり、座繰りをしたりする予定です。座繰りは繭から糸をとる作業です。初めてやるのでたのしみです。これからも頑張ります!

昨日は珍しくテレビを見ていたら、実家の岐阜の徳山村(ダムに沈んだ村)が映っていたので、おばぁちゃんを思い出して電話したら、ちょうどおばぁちゃんが体調不良で倒れたらしく救急車で運ばれるというタイミングに出くわしました。
検査の結果、ただの胆嚢炎だったのでよかったです(´・ω・`)
絶妙なタイミングだったので見えない何かを信じる今日この頃。


今日は私のノートパソコンのキーボードが壊れてるのでこの辺で☆ヤフオクで安くジャンク品あるといいなぁ。pp

今、私たちの身の回りに使えば使うほど光輝くものがどれだけあるでしょうか。

2010年 11月 17日(水曜日) 13:37
今、私たちの身の回りに使えば使うほど光輝くものがどれだけあるでしょうか。 郷田實著「結いの心」より  郷田さんの思いと深い理解にたくさんの人々の願いが重なり合って"カタチ"を現わした「工芸まつり」も29回目を迎える。  今年は町外の"モノづくり"の仲間達も加わって60工房の作品群がお客様をお迎えすることになる。  たくさんの元気を交歓し合える貴重な一時がそこに生まれる。  又、あの方にもお会い出来るだろうか・・・  11/17 玄太
今、私たちの身の回りに使えば使うほど光輝くものがどれだけあるでしょうか。 郷田實著「結いの心」より

郷田さんの思いと深い理解にたくさんの人々の願いが重なり合って"カタチ"を現わした「工芸まつり」も29回目を迎える。

今年は町外の"モノづくり"の仲間達も加わって60工房の作品群がお客様をお迎えすることになる。

たくさんの元気を交歓し合える貴重な一時がそこに生まれる。

又、あの方にもお会い出来るだろうか・・・

11/17 玄太

今日は冷え込みましたね><カイロ必須!

2010年 11月 16日(火曜日) 21:59

こんばんは。
今夜の日記は綾のワンラブソウルでPCをお借りして、温かいチャイティを飲みながら書いてます。
夜十時ですが、お客さんでお店は盛り上がっております。
ワンラブソウルのマスターのオススメはスープカレーですのでぜひぜひ。
先週もいただきましたが、スパイスがほどよい感じで美味しいですよ☆


実は今日のお昼に半年前に買ったPCが壊れまして、どのボタンを押しても「P」を連打するという・・・・スッキリまとめれば、キーボードが故障してしまったのです。
半年前もデスクトップPCのハードディスクが壊れたばかりだというのに><

一番ショックだったのは、綾工芸祭りに出すストラップのパッケージデザインをPCで作れなくなってしまったことです。
ストラップ作りよりもパッケージデザインを作るのが一番楽しみだったので、だいぶショックです><
仕方がないのでアナログで作ります!!色鉛筆とペンで!!

ということでストラップ完成しました。
貴重な小石丸のまゆをまるまる使いました。固めたので、携帯ストラップにしても多分壊れませんし、汚れにくいと思います♪
またこちらのHPでもうpされる予定だとおもうのですが、こんな感じです↓

和菓子のようなほんわかした感じにしました。
まゆに巻いてある絹糸はいろいろ色があって、藍染や貝紫もあります☆

というのを今現在も製作中です・・・・間に合わ・・・・・・・・
間に合いますwwww

これからロゴを・・・・・アナログは大変だ!!


それにしても、ほとんど自分ひとりで製作してるので、ホントに売れるか心配です!自分が企画したのが売るのは初めてです。もう願うしかない!!

先週末は、霧島に行ってきました。
以前、綾競馬を見て、馬に乗りたくなったので初乗馬してきました!

馬が走り出したら、結構振動があって、「ホッホッホッ」って言ってしまいました。背筋も伸びるしすごく運動になって、馬っすごいなぁ!って興奮したり、いろいろ思うことがありすぎて、とにかく素敵すぎました!!馬大好き!!

あとは、霧島アートの森へ行ってきました。美術館大好き人間なので、野外美術館なんて素敵すぎました。
箱根にも野外美術館があるのでオススメです。
12月までは霧島アートの森で「福田美蘭」さんの個展も開催中ですごくすごくオススメです!!!図録買っちゃいましたw

あとはサンメッセに入ったり、鵜戸神宮にいったり・・・
本当に宮崎は素敵な場所がいっぱいありますね。最近、帯買いました。宮崎なので波柄の帯を1500円でb


という感じでまたこれからストラップの作業に入ります☆☆
間に合うか間に合わないか・・・・・お楽しみに!!

工芸祭りに向けて

2010年 11月 09日(火曜日) 20:28

こんばんは!
先週末は綾競馬に行ってきました!すごく楽しかったです。
あ、景品は綾ワインを一本ゲットしました!
それにしてもお馬さんかわいすぎる!!
今週末は初☆霧島温泉旅行に行くので、乗馬も体験してこようと思います!
早くお馬さん乗りたい!!一番楽しみなのは「霧島アートの森」です。

ということで、来週末(11月20日)から綾の工芸祭りですね!
まだ見たことがないのでワクワクです!!
今年の綾の工芸祭りでは各工房オリジナルストラップを出品する予定なのですが・・・・ええ、いつだって突然なのですが、綾の手紬染織工房からは、私がオリジナルストラップを考えることになりました:(;゙゚'ω゚'):←二日前に宣告されました

ヤバイです:(;゙゚'ω゚'):間に合うのかw
ストラップのことは話には聞いていたんですが、まさか私が実行することになるとは・・・霧島旅行行くからタイムリミットはあと十日( ゚ω゚ )

とは言っても、綾の手紬工房の主力ストラップはもちろん「まゆ人形ストラップ」です。多分、来年の干支にあわせてウサギさんストラップが出品されると思います。なので別に作る私のストラップは超少ない限定商品です←ぇ

関係ないですが、繭人形は干支以上に種類があるんですが、一番好きな繭人形は「ニワトリ」です。

↑左側がニワトリで、右は綾競馬にちなんで馬を。
このニワトリの天を仰ぐポーズ・・・かわいすぎじゃないですが・・・
私はこのニワトリのデザインには勝てないと思うんですよ。繭人形でこんな簡単に生き生きとしたニワトリができるなんて・・・
このデザイン考案した人すごい。

私が鳥好きだからかもしれませんが。

↑が今飼ってる生後一ヶ月のブルーボタンインコです。
名前は「フッフール」です。すごく呼びにくいです。名前ネタは私が大好きなエンデの「果てしない物語」からです。←果てしない物語=ネバーエンディングストーリーのことです。
いつも肩にとまってピーチクパーチクしてます。実は小鳥と二人暮らしなのです。
話は戻ってストラップのことをいろいろ考えたんですが、原価計算のお話とかも聞いたのですが、やっぱり一番は綾の手紬工房の特色でもある小石丸の繭を使ったストラップを作ろうと思いました。
とりあえずサンプル品を作ってみました。


↑製作途中です

ということで今はストラップのことで頭がいっぱいで、頭の中がテンヤワンヤ祭りです。多分、限定20個以下になる予定です!

そういえば髪の毛を切りました。何年ぶりかのショートヘアにしました。
髪の毛も多くて長くてめんどくさかったのです。

美容師さんに
「中森明菜のデザイアの髪型にしてください」
って言いました。まったくもって同年代の子には通じませんでした。
なぜならその曲が流行ったときに私は生まれていないからですw
でも私が生まれていない頃に、着物で今流行りのボブスタイルだったなんて・・・すごく尊敬してます!!
なので今は黒髪おかっぱスタイルです。
工房の人たちには「コケシ」とか「クレオパトラ」とかいろいろ言われました。デザイアだと訂正したらみんな納得してくれました!

ホントは時間あるときに、アコギで愛のロマンスを練習しようと思ったけども、とりあえず今はストラップ作りを頑張ります!

お玉たての輪

2010年 11月 11日(木曜日) 00:05

はじめまして、、、の初!日記から あっという間に一週間が過ぎました。
工芸祭りまで あと10日前後 もう悪あがきも出来ない時間的状況になりました。
何事も引き際が大切!!
というわけでロクロ周りは片付き窯たきのみの作業となりました。

さて、今回は我が家の台所にしっくり収まっているお玉たてが主役です。
最近の雑貨屋さんには、お玉ひとつとっても色、形、材質などそれはそれは豊富に並んでいます。
ついつい惹かれて小物雑貨が増えていきます。
そこでこれらのものを収納する為、どっしりしたお玉たてを作りました。
お玉立て
最初は、便利性のみを重視した我が家用でした。
その後は、販売用に機能性だけでは無く、楽しく使えて存在感のあるものを色々作っています。
お客さんの中には、堂々とした安定感が気に入りお花入れとして買ってくれる方もいます。

最近、このお玉たてから嬉しい展開がありました。
自宅を使って季節のお食事処をされている方からこのお玉たての高さを少し低くしてスティック野菜やパンなどを入れてみたいと、、、
その一つの提案が凝り固まっていた私の頭にガツンと刺激をくれました。

 

何か発見でもしたようなワクワクした気持ちになりました。
(単細胞もいいものです、、、。)
きゅうりや人参、セロリー、ラディシュは葉っぱごと入れて、、、スティックのパンも入れて、、
などなど空想していたら楽しくなって、嬉しくなって、やる気が出て次への作陶のエネルギーになってくれました。

野菜立て

こんな何気ないちょっとしたきっかけや、出逢いのおかげで、行きつ戻りつのこの仕事を何とか心地よく続けています。
感謝!!
しっかり居場所を確保している我が家のお玉たてがつぶやいています。

ところであの昔のアルミのまん丸お玉は今どこへ・・・???

ロロカロハルマタン カメリアの実で染めることができました。

2010年 11月 03日(水曜日) 00:00
ロロカロハルマタン カメリアの実で染めることができました。ずっと前から、そうしたいと思っていたことが叶った秋になりました。20年以上前に、お城のまわりに植えられた椿の木が大きくなって手をのばせばその実が穫れる程になりました。「今年こそ」と思いながら月日が過ぎて、29回目を迎える「工芸まつり」に鈍く底光りのするカメリアの実染めのストールが間に合いそうでうれしくなります。 玄太

ロロカロハルマタン カメリアの実で染めることができました。

ずっと前から、そうしたいと思っていたことが叶った秋になりました。

20年以上前に、お城のまわりに植えられた椿の木が
大きくなって手をのばせばその実が穫れる程になりました。

「今年こそ」と思いながら月日が過ぎて、29回目を迎える「工芸まつり」に
鈍く底光りのするカメリアの実染めのストールが間に合いそうでうれしくなります。 

玄太

はじめまして-野々陶苑です。

2010年 11月 04日(木曜日) 00:00
img_21001 平成9年 自分の窯を持ち 以来13年 日常食器を中心に作っています。

11月は、綾町の工芸家達にとって大きなイベントの工芸祭りがあります。
今その追い上げで、私の工房は、窯場も作業場も雑然としています。

ロクロをひいたばかりの器になる第一段階のもの、乾燥中のもの、一回目の焼き(素焼き)が終わって釉薬かけを待っているもの、二度目の焼き(本焼き)が終わって 完全に出来上がり工芸祭りの出番を待っているもの などなど 棚から足元まであふれています。


img_21031 頭の中も「あ!!まだあれも作ってみよう」 「乾燥は間に合うかなあ?」など 工芸祭りに向けての最後の窯たきを 逆算しながらカレンダーとにらめっこしたり、、、。
この時期ならではの緊張感とストレスの塊?を抱え込みながら あと約二週間の奮闘が続きます。
img_21091 ところで、「野」から広がるイメージが好きでつけた屋号 「野々陶苑」
今 工房の周りには 一輪挿しに飾りたい秋の草花がいっぱいです。
そして 今年も数日前から 大好きなジョウビタキがやってきてくれました。

バタバタしている自分に ホッと一呼吸 一休みの緩やかな時間を作ってくれてます。

豆屋の日記

2010年 10月 29日(金曜日) 14:35

手づくりの里綾の「匠日記」読んで下さる方。
ありがとうございます。
今日は豆屋の家内が書いています。

「なぜ食品?」と疑問でしょう?
工芸コミュニティは秋のイベント「工芸まつり」を催す団体として始まったようで
「まつりに賑わいを・・・」と工芸家の方からお誘いを受け、
第一回の工芸まつりからうちも参加して来ました。
もう29回目を迎えます。
ささやかな協力ですがチラシを配ったり、実行委員もしましたし、
「手づくりを大切に」「喜ばれるモノを」という皆さんと同じ気持ちで続けています。

人気の品を紹介しましょう。
宮崎県内の生産者の皆さんが作って下さった落花生をうちで加工して
「から付」「むきみ」豆菓子」と味わいも色々となりますが、
一番の看板商品は、小粒の品種の落花生をから付きのまま煎り上げた「から付(小粒)」です。
落花生 から付小粒

「オスズ」と呼ばれるこの品種は昭和30年代に宮崎県内で品種改良され誕生しました。
味がいいですね。
うちでは天日乾燥や落花生用の有機肥料で栽培をお願いしており、
低温で貯蔵し、その都度釜煎りしています。
煎りたての新鮮な豆の風味は格別ですよ。

また渋皮と呼ばれるうす皮に渋味が少なくそのまま食べても不思議と美味しいのです。
うす皮に含まれる色素(レスベラトロール)には強力な抗酸化作用があるそうです。
豆は種子ですから酸化から自分を懸命に守っていて、
それをヒトが頂戴しても効果があるのかも知れません。
落花生には植物性の脂肪、たんぱく質のほか、ビタミンBやE、
微量の鉄や亜鉛、マグネシウム、カリウムなどの栄養があり、食物繊維もとれます。
さらに糖分や塩分で味付けなくても美味しく食べられ、常温で保存もできる。

ご存知でしたか?