Home匠日記2011年2011年04月銀色少年とアカイふらすこ銀色少年の自己紹介的な・・・。

銀色少年の自己紹介的な・・・。

このアイテムを評価
(1 投票)

はじめましてっ!!
銀色少年とアカイふらすこのNANKING(ナンキンって友達からよばれてます。)です!!

工房はじめて5年くらいになるのかな??←そのへん割と適当です。

最初なんでとりあえず自己紹介みたいな感じで・・・・

21歳の時、綾、照葉窯にて1年半ほど修行をさせていただく。人生ではじめての会社務め、たくさん叱られながらたくさんのことを勉強させてもらいました。

しかし、根性無し+逃げ腰の私はもう焼き物はしたくなくなったなんてことを言い退社。

その後半年間東南アジア(ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー)を現実逃避行の旅をする。

今思えば、きっと海外にでもいったら何かがおおきく変わって大きく成長した人間になれるんだと思い行ったんだと思います。

結果帰国して感じたこと→海外生活はある意味楽しかったけど自分自身はなぁーんにもかわっていなかっということ。
相変わらず根性無しの逃げ腰男→即ち自信なしでどうしようかと思っていたら
綾の友人がカフェで働かないかと声をかけてくれ働くことになる。

その店は若者からお年寄りまで集う人気店、入って3ヶ月でランチセットを作らされ毎日接客、料理にダメだしの毎日。
今までならすぐに逃げ出していたが友人でもあるオーナーが「また焼き物をやるにしても料理はしっかり勉強しとかんといかんよ」とアドバイスをくれたことでちょっと本腰いれて料理勉強してみる。

そこでいろんな陶器の販売、ライブなどイベント広告のデザイン、イラストでの個展などをしながら料理を作り、器と料理の関係を学ぶ。そのあと無謀にも5年ほどのブランクを省みず自ら陶芸工房を立ち上げる。

大体こんな感じです。

 



最終更新日: 2011年 5月 31日(火曜日) 10:03
このカテゴリの他アイテム: 我が子のようなうつわたち »
中島博之

中島博之

独創的な作風が特徴の銀色少年とアカイふらすこさんが思いを語ります。

ウェブサイト: gazoo.com/g-blog/ecov_aya007/index.aspx