Home匠日記2011年2011年05月熊須碁盤店原木の製材の様子

原木の製材の様子

このアイテムを評価
(0 投票)
今日は、原木の製材の様子をお知らせしたいと思います。




熊本の銘木市で購入した榧の木の製材です。

原木は、約1尺7寸で切られていきます。


pic03

墨を合わせます。

これがずれると大変です。

pic04

将棋盤の墨がわかりますか?

チェンソーも約25㌔位あるのである程度の腕力が必要です。

pic05

なぜ上から見ているかというと、

木材が、まっすぐしていないため、バランス良く切っていかないといけないからです。

ただ、切るだけだと、大きさが不揃いのものがそろい、盤が取れなくなってしまいます。


pic06

重いので、盤が取れないものは、4割にします。

卓上盤材、箸材、まな板材、色々なものに加工されます。


pic07

切ります。

pic08

切ったら節が出てきました。

芯に近いほど節が出やすいです。

pic09

ようやく、盤が取れました。

この状態から、5年間自然乾燥させます。
最終更新日: 1999年 11月 30日(火曜日) 09:00
熊須豊和

熊須豊和

熊須碁盤店

ウェブサイト: www.kumasugobanten.jp/