Home匠日記2011年2011年06月パン工房綾原発問題 その3

原発問題 その3

作者: 小川渉 2011年 6月 22日(水曜日) 09:00
このアイテムを評価
(1 投票)
「フクシマ」の惨劇に至るまでに、原発に関する弊投書・寄稿は既にご紹介した2件以外に
1998年からほぼ毎年、計40件を数えます。
大半は宮崎日日、あとは朝日、毎日、1件だけ南日本もありました。

他のテーマでは自然保護関連が多かったのですが、最多は原発です。
投書をする最大の理由は、新聞自身が書かないテーマ、書いても核心に迫らないケースなどを補足し、ささやかながら警鐘を鳴らせたらとの思いからです。

「フクシマ」を引き起こした要因の一つに、マスメディアの弱さ、劣化があると思っています。
新聞やTVが適確に問題を伝えてきたなら、地震列島の海岸に54基もの原発が林立することはなく、「フクシマ」も起こらなかったと考えています。

今回ご紹介するのは、「フクシマ」の直前の投書です。


4月の統一地方選に合わせ実施予定だった原発立地の是非を問う串間市住民投票が、その時の最重要テーマでした。
住民投票自体は民主主義、地方自治の本筋で正統な手段ですが、このケースは計画が表面化する前に誘致したい野辺市長が仕掛けてきた点で疑問視されていました。
投票権のない私たちは、外から串間市民に願いを伝えるしかない状況で、歯がゆい思いをしていました。中国電力上関原発が着工の重大局面を迎えていた時でもあり、地元紙には串間の行く末への警告の意を込めた報道をして欲しいとの願いで書いたものでした。残念ながら期待は外れましたが、「フクシマ」が一瞬にして串間住民投票を消し去りました。

小川 渉(パン工房 綾)
最終更新日: 2011年 6月 21日(火曜日) 10:24
小川渉

小川渉

パン工房 綾