Home匠日記2011年2011年07月月曜:香川文徳(綾の食卓)
香川文徳

香川文徳

綾の食卓オーナーシェフの香川さん。
フレンチの達人としていつも持っている包丁を、ペンに握り変え綾について語って頂きます。

ウェブサイトURL: http://www17.ocn.ne.jp/~ayas/

フランス料理と私

2011年 7月 18日(月曜日) 09:00
私がこの世界(西洋料理)に入ったきっかけは、食いしん坊で手先が器用だった事がこの世界にスムーズに親しみながら入れた様に思います。
東京他、町の中心地では昭和39年~43年位まで当時のフランス料理は標準西洋料理で今でいう洋食屋さんの料理がフランス料理の先駆けだった記憶があります。
日本の石油ショック以来、高度成長と共にありとあらゆる物、特に食の変わり様は早かった様に感じました。
フランス料理とお菓子の世界にどっぷりと入り込んだのが17才です。
フランスに留学したのは22才。1970年の春でした。イタリア、スイス、フランス、ベルギーと約3年8ケ月間、仕事もオーナーにも恵まれ西洋料理を沢山食べ料理を楽しむことができた時代でした。

ヨーロッパの技術者の育成は、日本とは多少異なります。
義務教育を終えるとすぐに丁稚奉公が15才から始まります。
約2年間の見習い期間を終えてからフランスの国のコンクールを通過しなければ卒業とは言えず、
卒業して初めて給料が貰えるようになります。
(詳しく説明すると長くなるので簡単にこの位で他、お金のある人は専門大学もあります。)
フランス料理は世界の料理をマスターしなければ理解出来ない奥深さがあることは知っていて下さい。

また来週、香川でした。

綾町の夏

2011年 7月 11日(月曜日) 09:00
宮崎県綾町の香川です。
ホテル、レストランを営んでいます。

夏~夏夏ですね!!!
綾町の照葉樹林の上流の川では子供達が水(川)あそびをして楽しんでいるようです。
私達、定年組は家で静かにと思いつつも何かに(映画、音楽、スポーツ)はまりつつあるこのごろです。
私達(女房含む)綾町が気に入り住むようになって12年が過ぎ、ちょっと、まんねり化してしまいそうでシゲキを求めていますが...?
何かあったらお教え下さい!

今年の宮崎、全世界が大変なシーズンでリーマンショック後、口蹄疫、鳥インフル、そして世界中が驚きと悲しみが続いている東日本大震災。ボンボン政治家が立往生大変ちっぽけな日本がますます小さく見える日本これから何年続くか・・・?

最近辞めていたゴルフを週一回で始め体力をつけています。(ゴルゴ13にはなれないけどネ...)
今度、綾の工芸家の方達が熊本に行くそうです。(場所、時、他?)良いコラボができるといいですねネ
楽しんできて下さい。
来週は私の仕事(フランス料理)にちなんだ話をのせたいと思います。

綾、宮崎の文ちゃんでした。

綾町について

2011年 7月 04日(月曜日) 09:00
簡単に自己紹介。
宮崎県の北西にあたる東諸県郡綾町入野4000番在住の香川文徳と申します。
現在はナチュラルガーデンと小さな畑の中でオーベルジュを営んでいます。

私の住んでいる綾町は農業、畜産中心の人口8000人弱の照葉樹林に囲まれ綾北川・南川に挟まれている小さな町です。
一年間を通していろいろなイベントを行っていますが、それはおいおい紹介するとして毎年11月になりますと綾町在住の工芸家が一堂に集まり大イベント「綾工芸まつり」が企画されます。
今年は30回目となりますので、綾町の農産物も含めたイベントで11月19~23日の5日間のロング大イベントを行う事になっていますが工芸家といっても幅が広く、木工、陶器、ガラス、染色、人形、刀剣、竹細工他食品等たくさんで日本中からのお客様をお待ちしています。
綾町ならではの一味二味違った文化を楽しめると思いますので是非参加して下さい。

今月は、私が綾町工芸コミュニティのブログで4買い連続で綾の魅力を御紹介していきます・・・・。