Home匠日記2011年2011年09月木曜:黒木国昭(グラスアート宮崎)次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 綾切子

次のタグが付けられたアイテムを表示しています: 綾切子

綾の照葉樹林の文化からの物創り ~現代の切子「綾切子」誕生~

2011年 2月 10日(木曜日) 09:00
綾町は、日本一の照葉樹林を誇る木の故郷です。
1997年に5年の歳月をかけ、鹿児島・薩摩切子の120年振りの復元を成し得た実績を活かし薩摩切子、
江戸切子とは趣を異にする「綾切子」の開発に成功しました。

「綾切子」は、木の葉、木の実、木の花、芽吹きをデザインに取り入れ、
「琥珀色」で古代からの「時」の流れを表し紫、藍、緑の色ガラスを被せ2色の「綾切子」が誕生しました。
大皿「綾切子」 2色被せ
大皿「綾切子」 2色被せ

「綾切子」は現在も進化を続け2色から3色へ。
更に複雑なグラデーションと繊細な輝きを放っています。
飾皿「綾切子」3色被せ
飾皿「綾切子」3色被せ
花器「綾切子」3色被せ
花器「綾切子」3色被せ