Home匠日記2011年2011年10月
2011年10月
鈴木あかね

鈴木あかね

平成23年4月より研修生として入社しました。
日々の研修内容を書き綴ります。

ウェブサイトURL: http://www.ayasilk.com/

2011年 10月 27日(木曜日) 09:00
こんにちは。



綾の照葉樹林マラソンの応援をしてきました!!

小さい子どもからご年配の方々まで、たくさんの人たちが

一生懸命、そして楽しそうに走っている姿は本当にステキでした!!

見ている私も元気になりました。





1番最初に、こちらの工房を訪ねたのは今年の3月でした。

とても青空が綺麗で、気持ちの良い日だったので綾北川沿いの道を

のんびり歩いて工房へ向かったのをよく覚えています。

想像していた工房より、ずっと広く様々な道具が揃っている事に驚きました。

素直に良いところだなぁ~、色々学べそうだなぁ~と思えました。





そんな工房の中で私のお気に入りの場所は2つあるのですが…

1つめは、藍小屋です。



藍甕がたくさんあるんですよ。

藍小屋の中に入ると、独特の香り??がするので最初はビックリしたのですが、

今では当たり前になりました。

藍が発酵している匂いなのかなぁ。

藍はとっても不思議です。

毎日、見せる顔が違うんです。

疲れている時もあるし、元気な時もあります。

そして、若い藍と年配の藍ではやはり違うのです。

若い藍は勢いがあってキラキラと輝きを放っているし、

年配の藍は渋いというかなんだかゆったりしています。

本当に不思議なのですっかり虜になってしまいました。

藍染めは結構重労働なのですが、とても楽しいです。

そして藍色にも様々な色合いがあるのも魅力の一つです。





2つめは、織り場です。



こちらにもたくさんの機(はた)があります。

ここで、手織りの着物や帯、ショールやコースターなどが織られています。

織ることってひたすら地味な作業なんですけれど、これが簡単に見えて

綺麗に織るというのは、なかなか骨が折れる作業なんです。



織ることに憧れこの道に入ったのですが、やっぱり織っている時が

1番落ち着くし、楽しいです!!

なので必然的に、織り場が心休まる場所となっています。





なんでこんなに織ることが好きなのかは良く分からないのですが、

無心になって織っている時間が心地良いのです。

また経糸と緯糸によって表現される布の表情を見ることが

とっても面白いし、織りの醍醐味なのだと思います。



まずは自分の機を持つこと。

そしてこれから少しずつ、色々な布を織っていくことが出来たら良いなぁと思っています。

真綿掛けと座繰り

着物作り

はじめまして