Home匠日記2012年2012年01月綾ふれあい館綾ふれあい館について

綾ふれあい館について

このアイテムを評価
(1 投票)

こんにちは。

今日は、綾ふれあい館の事について書かせていただこうと思います。
「綾ふれあい館」って何?という方もいらっしゃると思いますので説明をさせていただきますね。

 


 

「綾ふれあい館」は、昨年(平成23年)9月にオープンしました。
綾の中心部、ほんものセンターから3分ほど宮崎方面にむかって歩いていただくと見えてきます。

ayafureaikan

宮崎産の木材を使った建物には、二階に商工会事務所、一階にお客様を迎える施設があります。
一階には お茶を自由に飲めてご休憩のできる「サロン」、
「チャレンジショップ」、常設展示場「どんぐり」があります。

 

「チャレンジショップ」はどなたでも借りられるフリースペースで、お店を開いてみたい方、
作品を展示したい方、イベント等にお貸ししています。

 

 

常設展示場「どんぐり」は、ご存じのように工芸コミュニティ協議会の方々の作品を展示、販売させていただいています。
ご要望があればこちらのスペースもお貸しすることができます。

RIMG0057

 

現在チャレンジショップコーナーは予定が空いているので、「綾の事をもっと知ろう!~遺跡編~」と題し
綾の文化財を紹介するパネル展示を行っています。

「綾の事をもっと知ろう!~遺跡編~」

 

綾ふれあい館で働かせていただきながらいつも思うのは、
綾町は本当にいろいろな魅力にあふれた町なのだな、ということです。

 

工芸に関しても、こんなにもたくさんの工芸家さんが集まっている町は珍しいと思いますし、
「綾郷土誌」を読んで、たくさんの歴史的、文化的な財産がこんなにもあるのだと驚きました。

もちろん綾の照葉樹林は全国的にも貴重なものです。

 

こんなにある綾の魅力を全国に伝えていきたい、といつも思います。

 

綾ふれあい館は町外からのお客様もたくさん来館されます。
最近は特に、移住を考えた若い方がよく綾を見学に来られています。

移住した若い方が増えていくのはとても素晴らしいことだと思います。
でもみなさんが一様に心配されるのは、経済・雇用の事です。

 

正直、宮崎は新燃岳噴火、口蹄疫などの影響でいまひとつ落ち込んだままのような気がします。
それをどのように復興していくか。  

若い方がたくさん増えて、綾も含めた宮崎全体が活性化していくといいな、と心から思います。
そのためには具体的にどのようなことをしていけばいいのか。
綾ふれあい館として何かできることがないだろうか。

 

そのようなことを視野にいれながら、頑張っていきたいと思います。

 

なんだかお話が大きくなってしまいました…ごめんなさい照れる

そんなこんなですが、みなさまぜひ綾ふれあい館に遊びに来てくださいね!
あ、ブログで最新情報をお知らせしています。http://aya-fureaikan.seesaa.net

ツイッター(@ayafureai)やフェイスブックもやっていますので、興味のある方はぜひつながってください笑顔

 

みなさまのお越しを、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております笑う

 

 

最終更新日: 2012年 1月 25日(水曜日) 14:52
このカテゴリの他アイテム: « はじめまして 綾の木 »
富永純子

富永純子

縁あって、綾ふれあい館で働かせていただいています。

毎日いろいろな出会いや出来事があってとても楽しいです。

時々びっくりするような失敗をしてしまうこともありますが

笑顔でみまもっていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ウェブサイト: aya-fureaikan.seesaa.net/

最近のアイテム: 富永純子