Home現代の名工

手づくりの里 綾町の現代の名工

現代の名工とは


現代の名工

「現代の名工」は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰するものです。
都道府県知事や事業団体などの推薦を受けた候補者の中から、厚生労働大臣が決定を行います。


現代の名工の概要


1 趣旨
卓越した技能者を表彰することにより、広く社会一般に技能尊重の気風を浸透させ、もって技能者の地位及び技能水準の向上を図るとともに、青少年がその適性に応じ、誇りと希望を持って技能労働者となり、その職業に精進する気運を高めることを目的としている。

2 被表彰者の決定
被表彰者は、次の各号のすべての要件を充たす者であって、都道府県知事、全国的な規模の事業を行う事業主団体若しくはその連合体又は一般社団法人若しくは一般財団法人、その他当該表彰を受ける者の推薦に当たる者が推薦した者のうちから、厚生労働大臣が技能者表彰審査委員の意見を聴いて決定する。

(1) きわめてすぐれた技能を有する者
(2) 現に表彰に係る技能を要する職業に従事している者
(3) 技能を通じて労働者の福祉の増進及び産業の発展に寄与した者
(4) 他の技能者の模範と認められる

詳細は、引用元の厚生労働省のページにてご確認ください。

手づくりの里 綾町の現代の名工


工芸を志すものにとって栄誉ともいえる現代の名工ですが、綾町からは2名認定されています。

黒木 国昭(グラスアート宮崎綾工房代表) 平成3年認定

秋山 眞和(綾の手紬染織工房代表) 平成7年認定

 

 

各工芸家のブログ最新記事