Home宮崎県伝統工芸士

手づくりの里 綾町の宮崎県伝統工芸士

宮崎県伝統工芸士とは


dentoukougeisi宮崎県内で伝統的工芸品を製造し優秀な伝統的技術・技法をもつ工芸者を宮崎県伝統工芸士として認定する事によって、工芸者の励みとし技術の向上及び地位向上をはかる為の認定制度です。


宮崎県伝統工芸士の認定の条件


市町村より推薦された工芸者が、以下の要件に該当した場合に宮崎県知事が認定を行います。

1.宮崎県内に居住していること。
2.宮崎県伝統的工芸品の製造に15年以上直接従事していること。
3.当該工芸品の製造に関する高度の伝統的技術・技法及び必要な認識を有し、その維持・発展に努めていること。

綾町の認定者


綾町では以下の方が認定を受けています。

昭和58年 秋山 眞和(綾の手紬染織工房) 篠原 健太郎(ロクロ工芸) 俵 清蔵(竹刀)
平成4年 熊須 健一(熊須碁盤店)
平成7年 阿部 幸夫(竹工芸)
平成17年 北原 廣子(綾の手紬染織工房)
平成22年 有光 信二(綾の手紬染織工房)
 

各工芸家のブログ最新記事