Home陶芸

綾町の陶芸

綾町には、国内の様々な場所で修行をされた陶芸家が集まってきている為、多様な陶芸のスタイルを楽しむ事ができます。

 

元町陶苑 施設名 大原陶苑 施設名
元町陶苑
公式HP
大原陶苑
コメント コメント
創業昭和57年11月。小石原と綾川焼で修行後開窯した。全体的に民芸調で白モノが目立ちます。湯のみ、花器類と日常雑器が主力。 昭和61年5月開窯。田中国廣遺跡のすぐ近く。作品は手づくりの暖かさを持つ日用雑器が中心で明るく楽しい焼きものを志している。
綾城焼 施設名 八衛門窯 施設名
綾城焼 八衛門窯
コメント コメント
「国際クラフトの城」内の体験実習館にある「陶芸教室」の窯元。ロクロや粘土も用意され、誰でも気軽に指導が受けられる。年中無休。 平成8年開窯。平成20年工房移転。天孫降臨をテーマとした降臨の里シリーズや宮崎の空をテーマとした岳映シリーズ等、個性的な作品を制作。日展入選の他、日本現代工芸展現代工芸賞等多数。
野々陶苑 施設名 陶房八十一 施設名
野々陶苑 陶房八十一
公式HP
コメント コメント
平成9年4月開窯。元町陶苑で約9年修行後独立する。粉引きを中心とした日常雑器を主に作陶。使うほどに手になじむ器、心楽しむ器を心がけている。 白磁より温かく粉引より繊細な「白さつま」。料理の色彩を最大限引き立たせる「黒天目」。新緑を思わせる「青亜揶(あおあや)」。微細な貫入とほのかな黄色が美しい「黄亜揶(きあや)」。「生活に潤いを」と作られたシンプルかつ味わい深い陶器類は、日常的に食卓で使いやすいものが中心。
ginirosyounen 施設名
銀色少年とアカイふらすこ
コメント
2006年7月開窯。照葉窯にて修行。幅広い世代に喜んでいただけるような器作りを心がけています。
 

各工芸家のブログ最新記事