Home陶芸陶房八十一

Tags: わら白 | シンプル | 白さつま | 白磁 | 蹴ろくろ | 陶房八十一 | 隆太窯 | 青亜椰 | 青磁 | 黄亜椰 | 黒天目

陶房八十一


yasoichi 清廉な白い器。包容力のある黒天目。あなたの料理をいっそう引き立たせるのは、やはりシンプルな器です。 贈り物にも、シンプルで飽きの来ない器はいかがですか?

白磁より温かく、粉引きより繊細な「白さつま」。料理の色彩を最大限引き立たせる、「黒天目」の食器。中国や李朝の青磁とは違った魅力を持ち、新緑を思わ せる「青亜椰(あおあや)」。微細な貫入とほのかな黄色が美しい「黄亜椰(きあや)」。その他にも、「わら白」、「焼き締め」も手がけております。

「白さつま」について
当工房では「白薩摩」の土を購入し使用しておりますが、「薩摩焼」ではございません。ご注意ください。当工房では「薩摩焼」「白薩摩」と区別するために、 あえて「白さつま」の表記を用いています

商品紹介


siro_coffee 「白さつま珈琲碗」¥2,100-
日本の女性が、日本の家でコーヒーを飲むというコンセプトで「白い花」をイメージしてデザインしました。
そのため、あえてソーサーを作ってはいません。
塗り物の皿や染織りのコースターを、お部屋やお客様のお好みに応じてお使いいただければと思います。
ちなみに写真に用いているのは会津塗りの銘々皿とバリ産のヤシの木のティースプーンです。
ao_yohokobati

「青亜椰(あおあや)四方小鉢」¥2,310-
大きさ:約φ120×h57mm
黄亜椰と同様、オリジナルの釉薬となります。
新緑を思わせる淡い青色は、中国や李朝の青磁とはまた違った趣きで、大らかさの中に繊細さを感じさせるものです。
ちょっと上品に、黒豆などを盛ってみる。もちろんアイスクリームでも。爽やかな食卓を演出してみてください。

ki_sentya

「黄亜椰(きあや)煎茶碗」¥2,310-
大きさ:約φ130×h53 mm綾の赤土を用いた、全くオリジナルの釉薬です。黄瀬戸や伊羅保とはまた違った味わい。こちらの胎土は「白さつま」の土を用い、釉薬の発色は地元の赤土に含まれる鉄分由来だけのものです。

kuro_jazzcup 「黒天目ジャズカップ」¥8,400-
大きさ:一点物のため、それぞれ違います。
基本的に一点物になります。
「ロックグラス」に対抗しての“ジャズカップ”。
カットは全くのアドリブ(これもジャズ)で、自分でも最終的にどうなるか分かりません。そういう意味では、白さつまの作品とは対照的です。
男の一品。
wara_hana_ue1 「わら白花形向付」¥2,625-
わら灰を釉薬に用いた、萩焼風の伝統的な釉薬です。
胎土や、焼き方によって千変万化の表情を見せます。

 

匠紹介


kourogi 興梠智一
唐津、隆太窯で修業。
「Simple is Beautiful」をモットーに、蹴ろくろによる造形にこだわって作陶しています。宮崎人による、宮崎ならではの焼き物を目指しています。

店舗紹介


住所 宮崎県東諸県郡綾町入野4815-1‎
電話 0985-77-1291‎
FAX 0985-77-1291‎
ホームページ 陶房八十一
ブログ 陶房八十一
営業時間 9:00~17:00
休業日 不定休
見学・体験 見学:いつでも見学できます。
体験:行っておりません。
PR 普段の生活に潤いを与える、そんな器作りを心がけています。

地図



大きな地図で見る
 

匠日記(陶房八十一)